スポンサーリンク



  • ミノタブのみで発毛や育毛が効果あるの?
  • ザガーロとミノタブどっちが優先?
  • ザガーロとミノタブの併用なら効果があるの?

男性型脱毛症(aga)の治療を受ける前に治療薬の効果や副作用を心配する人は多い。

専門のクリニックの院で医師による診察や診断を受けて処方を受けるとしても薄毛が改善するのかどうかが気になる。

結果として、ケガ太くなったり、発毛をするのか?

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)はどっちがいいのか?

こんな悩みは私も実際にクリニックで処方を受けながら迷っていました。

ザガーロ関連記事で下記のような記事も書いています。

スポンサーリンク



ザガーロとプロペシアどっち?

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

ザガーロ初期脱毛はいつまで?

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後

ザガーロ半年で効果なしよりつらい現実

ザガーロ半年で抜け毛が急増!

ザガーロ効果はいつから?m字ハゲ体験ブログ

結果として、私は高い治療費を支払い続けることに疲れてしまった。

でもやはり髪の毛が減ることは気になるので、今では一般のサービスで増毛等による方法でヘアスタイルの管理まで一任してお願いしています。

これまでに男性型脱毛症については、プロペシア、ミノキシジルタブレット、ザガーロ等多くのクリニックが併用として紹介している薬を服用してきました。

毛髪再生治療ではハーグ療法等の高い費用の治療も受けてきました。

そんな先には結果として、進行が止まったとか改善がずっと続いたということはありません。

結局飲み続けないと抜け毛は止まりません。これはジェネリックを利用しても同じこと。

でも副作用は常に心配しなければいけない状態。

中でもミノタブとザガーロの併用はかなりつらい現実があると思います。









ザガーロとミノタブの効果|体験記

 

男性ホルモンの5α還元酵素の阻害、抑制をすることで、抜け毛を抑える。

こんな情報を確認しながら、ミノタブで発毛育毛の効果を期待する。

この2つがあれば、実際に髪の毛は甦るはずだと思っている人は多いはず。

でも私にはこの理想が現実に起こることはありませんでした。

何も効果がなかった現実

いくら効果が認められた薬剤でも日本国内の男性女性全員に同じことが起こるとは限らない。

あくまで個人差という範囲で相性の良い人にだけそういう改善が起こる。

私にはその適正がなかったのかもしれない。私が体験したのは以下のような結末でした。

  • 初期脱毛の悩みが3ヶ月以上続いた
  • ザガーロを飲み始めて結果として髪が増えることはなかった
  • ミノタブと併用しているのに、育毛の可能性よりも初期脱毛の悩みのほうが多かった

こんな状況が続いたことで、ザガーロ使用前のプロペシアのほうが納得できた。

テストステロンがジヒドロテストステロンに変わるのを抑制する?抜け毛防止に特化しただけの薬のほうが私的には副作用も抜け毛防止の効果としても費用対効果に納得できた。

副作用の割合が高まった疑問

プロペシアとザガーロを比較するとわかりやすいのは、発毛育毛を必要とする人に注目してほしいのが副作用の可能性。

その原因はわからないけれど、結果として、臨床試験上のデータを見ても副作用の症状もその割合もプロペシアと比較すると、多くの人から出ていることがわかる。

あくまで臨床試験上の中で出てきたデータと言えばそれまでかもしれません。

しかし、日本で後発として登場したのに、その作用には副作用への注意が多くなったのは疑問が残る。

あくまで薄毛対策として自分で個人輸入などを通じて購入する人への効果は私にはまったくわからない。

現在、医療機関で正規品の承認された医薬品の処方を受けようと迷っているなら、副作用がプロペシアよりも可能性が高まったと分かっていても飲みたいと思えるのかどうか?

これが発毛育毛における成分の配合よりも重要になるのではないのか?

さらに、ロゲンやアボルブのようなミノキシジル成分を配合した外用薬を利用したら、頭皮のかゆみや炎症などいろいろな症状を悩む人もいる。

これって、どこまでが自分の体に合っていないのかをきちんと病院や専門のクリニックの医師がすべて確認してくれるのか?

これも個人的には様子を見てくださいとしか言われていなかった。

保険も適用しないような薬であるからこそ、個人的には、この治療法が得になる人は少ないのか?という疑問を持ってしまった。

他にも性欲減退や自分の男性ホルモンの働きを抑制したら、他のことにも影響を与えてしまう可能性はいろいろある。

肝機能の働きに問題が起こったり、前立腺肥大になる可能性もある。

こんな薬をずっと飲み続けて有効成分の効果のみを期待するのがaga治療というのであれば、正直そこまでする価値が本当にあるのかという疑問を私は抱いてしまったのです。

正直、性機能障害や精液にまで異常が出てしまったら、その状況をただ薬を中断すればよいという判断は正直それまでに受診して費用を支払い続けた価値と比較して考えると、そうかと単純に考えることは難しい気がする。

2015年から2020年までの期間でその後の新しい治療法も登場していない。

これって結局内服タイプでも外用のタイプでも今よりも安全と言えるような医薬品が登場しないと言われている気がするのは私だけ?