スポンサーリンク



男性女性を問わない薄毛や抜け毛の悩み。専門のクリニックで薬を処方してもらうaga治療に興味がある人もいざ相談をするという時には不安も多いはず。

  • 本当に効果はあるのか?
  • 薬だけで本当に髪が増えるのか?
  • 服用してから副作用等は何も心配がないのか?
  • フィナステリドとデュタステリドはどちらの薬のほうが良いのか?
  • 治療方法の中には、プロペシア、ザガーロの処方の他にも毛髪再生治療があるけどそんな高額な治療を勧められたらどうしよう。

医師の診断や診察を必要とするからこそ、何かコメントや診断の中で症状的にこういう状態で治療的にはこれがおすすめなんて言われてしまったら断りにくいなんて人もいるのではないでしょうか?

これまでにもザガーロについては、以下のような内容を書いてきました。

スポンサーリンク



ザガーロとプロペシアどっち?

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

ザガーロ初期脱毛はいつまで?

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後

ザガーロ半年で効果なしよりつらい現実

ザガーロ半年で抜け毛が急増!

当然治療の効果には個人差があり、当サイト内でご紹介している内容もあくまで一人の事例という内容でご紹介をしています。

あくまで患者となるあなたが自分で決断をする必要があります。たくさん情報を見て、相談をする時にぶれない気持ちを用意するために活用し手いただきたいと思います。

今回の内容は、ザガーロの効果はいつから?について、患者として説明を受けた中で感じたことを以下の項目に沿ってご紹介しています。

ザガーロ効果はいつから?治療前の説明

ザガーロ効果はいつから?服用体験口コミ

ザガーロ効果はいつから?期待と現実

性欲減退、乳房女性化等怖いもいもたくさん出てきている。でもクリニック等のサイトを見ると正直そこまでリスクが高いと判断する必要がないように見える。

問題は料金だけではありません。








ザガーロ効果はいつから?治療前の説明

 

私が患者として、クリニックで説明を受けた時には正直、ほとんどリスク的な内容の説明を受けることはありませんでした。

ほとんどの人は問題なく治療を継続している。

印象に残っているのは、この一言だけだった気がします。

効果はいつからの答え

おおよそ3ヶ月から6ヶ月程度。

副作用等の報告を受けている内容よりもその院で治療を受けている方はある程度このくらいの期間で効果が出ているという報告を受けているという内容でした。

説明が多いから頭に残らない

  • i型とⅱ型のどちらのタイプの人にも効果が期待できる
  • 成分としては、男性ホルモンの中でもジヒドロテストステロン(dht)阻害の作用がある
  • 頭頂(つむ字周辺)、生え際どちらの際にも効果が期待されている

クリニックに訪れた際には、改善をしたいと思ってしっかり話を聞こうと思っている人は多い。

しかし、思っている以上に、当日に説明を受けることが多い。

  • その他の治療の説明
  • 現在の症状についての内容
  • ヘアサイクル等の話
  • 成分や作用
  • 治療の流れ
  • 効果が表れるまでの期間
  • 飲み続ける期間
  • 肝機能低下や障害等のリスク
  • 服用期間中の注意点
  • 頭皮の環境
  • 性欲減退や勃起不全等の症状

こんな複数の説明を受け、プロペシアと比較をする。

金額的なことも不安が多い。

それをなぜかたった1時間程度の間で一気に決断をしなければいけない。

これでは正常な判断ができないという人も数多くいるはず。

まずは、自分の中で情報尾まとめられない時にはいったん持ち帰り、頭を整理する時間を必要。

 

ザガーロ効果はいつから?服用体験口コミ

私が説明を受けた後に実際に自分自身で飲み始めたらどうなったのか?

この答えとしては、正直プロペシアのほうがよかったというのが結論。

副作用ばかりで困った

勃起不全や射精障害、前立腺肥大、肝機能障害みたいなことはありませんでした。しかし、飲み始めてから、やめるまでの間、結果として抜け毛の進行を抑えるとか発毛や育毛を実感するという感覚は全くありませんでした。

自分の悩みとして、これ以上の進行をしたくないだけでなく、プロペシアには効果がこれ以上期待できない発毛や育毛という点について、改善を求めたからこそ、飲み始めたのです。

しかし、この結果は、何も変わらない。それどころか、効果以外の副作用ばかりが現れてしまったというのが答えでした。

 

ザガーロ効果はいつから?期待と現実

 

私はミノキシジルとの併用を最初の段階から試していました。一般的に初診の人でも多くのクリニックが発信しているのは、他の薬や毛髪再生等の治療との併用をしている。

この段階で結果として、自分の変化には何が合わないのかわからなくなってしまうことも多いのです。

ミノキシジルとザガーロ併用の注意

結局、初期脱毛が多かったのは、何が原因だったのだろうか?

この答えが、検査などによりきちんとまとめられているのか・

この答えですら、正直不透明なのです。そのため、患者は医療の中で不透明となった情報をうのみにしたまま結局機能障害などが起こった際にもその他の因果関係等もいろいろ考えられる等と言われて結局原因が何だったのかわからないまま放置されることもあります。

ヘアサイクルが正常な状態になるって何?

飲み続ける期間も一生なの?

定期的なホルモンの測定などを行わないのはなぜ?

飲み続けることに本当にリスクはないの?

献血ができない時に子どもに何かあったらどうする?

授乳中の奥さんがいる男性は問題ないの?

このような家庭内の問題を考えてしまうと、結局ザガーロってどこまで安心して服用できるのか不安しかありません。

ザガーロとプロペシアという2種類が主な抜け毛治療薬の選択肢に出ている。だったら私はプロペシアしか選択肢がありませんでした。

でもこの薬もいつどうなるのか不安がないとは言えません。

結果、飲み続けるということにいつしか疲れてしまう。

この点をこれから治療を検討する人にこそ意識していただきたいのです。

私はこのaga治療疲れから他の方法を使って今ではメンテナンスを続ける生活をしています。

健康な体の人が髪のためだけに薬を服用し、その後に正常な体を副作用によって違う意味で異常にしてしまう可能性がある薬を続けることが本当に治療と言えるのでしょうか?

思春期を過ぎたあたりから、男性、女性を問わず男性ホルモンを抑えるとかストレス、ヘアケアという文字にとらわれて生きていくことはつらいことです。

でもその他の点は別に健康であるなら、正直、治療という方法だけが 選択肢であると考えるのはもったいないと思いませんか?

重要なのは、その治療を受けた分、他の機能障害等が懸念されることがない方法を探すこと。

これが私がいろいろな治療方法を試してきた中で感じた最後の答えになりました。

結局医療でもその他のサービスでもお金がかかる。

でもそのサービスを受けることで本来自分が何もなかった部分にも違った変化があっては正直リスクしか感じられないと思えるようになるかどうか?

agaが発症したと不安になった時には、つい治るならという判断が先になるかもしれませんが、よくよく将来の10年、20年後を考えたら?

結果として、複数の治療薬を併用して抜け毛を防ぐためだけの生活になることがあなたの人生ではない。

もっと広い意味でよりよいじんせいのために何がひつようなのかを判断する必要があるのではないでしょうか?