スポンサーリンク



  • 女性の薄毛治療費用はいくらくらいが必要?
  • 男性の抜け毛,AGA治療費の相場が知りたい!
  • 発毛育毛と抜け毛治療は違うの?
  • 料金が安いのはどこ?

こんな悩みにお答えしております。












薄毛治療の料金比較ポイント

薄毛治療費用相場

まずは患者(利用者)として、安心して通える予算は人によって異なります。

比較するべきポイントはいくつかあります。

カウンセリングの提案と料金表

治療の相談をした人の中には、以下のような声も多い。

  • オプションを無理に強要された
  • 麻酔代とか治療費以外の項目が多い
  • 納得できないことが多かった

このような状態になったら、必ず一旦は帰宅することが大切。

なぜか?

他社と必ず比較するべきだからです。

こんなフレーズに要注意

  • 明朗会計
  • 医療事故ゼロ
  • 院長常勤

結局、そのクリニックのクチコミを見たら?

  • 高圧的
  • 質問に答えてくれない
  • めんどくさそうな対応
  • カウンセラーとしか話ができない

こんな流れになっていたら、契約することは絶対にやめましょう。

治療費の参考例

薄毛治療費相場

どんな項目があるのか?

まずは方針等を確認しておきましょう。

AGA

項目 料金相場
初診料、再診料 無料
フィナステリド錠【ジェネリック】 5000円以下
フィナステリド錠【プロペシア】 5000円~8000円
デュタステリド錠【ジェネリック】 5000円~8000円
デュタステリド錠【ザガーロ】 7000円~10,000円
ミノキシジル【内服】 8000円~15,000円
ミノキシジル【外用】 8000円~13,000円
オリジナル発毛剤【クリニックにより異なる】 8000円
オリジナル発毛剤【内服+外用セット】 40,000円~60,000円
ヘアメソセラピー【1回】 33000円~80,000円
HARG療法【1回】 90,000円~220,000円

女性の薄毛には、上記のフィナステリド、デュタステリド錠は使えません。

代わりに、パントガール、パントスチン、サプリメント等が処方されるクリニックが多いようです。

治療開始までの流れ

治療が開始するまでには、以下のような流れが一般的です。

電話又はメール,LINE等で来院の予約 完全予約制を採用しているところが多いため
問診表やカルテの記入
  • 既往歴
  • 現在処方を受けている薬の有無
  • アレルギー反応の経験
  • 生活習慣
  • 髪の毛の悩み
  • 遺伝の可能性

上記のような内容に回答していきます。

医師による問診、診断 クリニックなら、医師による診察、診断があります。
サロンは、カウンセラーが確認をします
頭皮チェック ファイバースコープによる頭皮撮影等をしてくれるところもあります
血液検査 医療機関であれば、肝機能等を含めた血液検査をするけーすもあります
治療の契約
  • 見積り金額
  • 薬の説明【効果、効能,副作用】
  • 症例写真の確認
  • 同意書の記入
  • 返金条件等の確認

などの説明を受けた上で契約を検討します

治療開始 契約した内容を提供してもらいます

医療機関でも発毛、育毛サロンでも2週間から1ヶ月に1回程度の来店【通院】が一般的です。

お薬代は高いのか?

薬代として考える相場は、1万円以下から2万円台と幅広い。

再生療法は要注意

AGA、FAGAの治療費が高額になる要素のひとつが、注入療法。

成長因子【グロースファクター】やミノキシジル、ビタミンなどの栄養素を頭皮に直接注入を行う療法。

しかし、この方法は、皮膚科学会では、推奨度C1:行わないほうが良いと評価されている方法です。

不用意に高いから良い治療と信じてしまうのは要注意です。

HARGやメソセラピーに発毛効果なし?高い治療費を払っても個人差で終わり?

AGAメソセラピーもHARGもやめておくべき理由|高額治療だから治るではない

全額返金制度は当たり前?

全額返金制度

大手のクリニックだけではありません。

発毛育毛サロンでも進んでいるのが、返金制度の対応。

6ヶ月以上経過した後の写真比較の他にもいろいろ基準はあります。

効果がない、効かないと判断された場合、返金してくれるのか?

「そんな仕組みはない」

この時点で他の施設に相談したほうが良いですね。

泣き寝入り前提で、6ヶ月で20万円以上の出費をするのが当たり前と思っている人は止めません。

支払い方法の選択肢

支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子決済
  • 銀行のDebitカード

選択肢の幅がひろいほうが良い。

しかし、一つ比較ポイントがあります。

メディカルクレジット(医療ローン)の金利です。

  • 無金利
  • 年利3%、5%、10%以上とかなり幅があります。

「そんなもの」と思うのではなく、きちんと他社も確認しましょう。

未成年者の選択肢

AGA治療に用いる処方薬は、基本的に18歳以上又は20歳以上と制限があります。

もし、中学生、高校生など満18歳の男女が悩む際には?

ストレスで髪の毛抜ける中学生高校生が増加!若ハゲの原因と対処法

キャンペーンや割引は要注意

キャンペーン

  • 学割
  • のりかえ割
  • 友達紹介割
  • モニター

あの手この手でいろいろな割引をしているクリニックもあります。

しかし、割引は結局条件があることが多い。

  • 条件に該当しない
  • 6ヶ月又は1年以上の継続が必須

このように、試す機会も一切与えない状態にするケースもあります。

副作用がひどい

通うのが大変。

こんな時でも解約がスムーズにできるのか?

この点もきちんと確認した上で、キャンペーンの詳細をチェックしましょう。