スポンサーリンク



AGA治療専門クリニック等で治療を受けた後に後悔している人は本当にいないの?

実際に知恵袋等でも以下のような書き込みが絶えません。

AGA治療で失敗してしまって困っています。私は今まで育毛シャンプーや育毛材を使用してなんとかしようとしていましたが、一向に発毛の効果が実感することができなかったのでAGAクリニックに何件 か通いました。プロペシアによる治療とHARG療法まで受けてみましたがいまいち現状効果を実感することができていません。 今まで費用面を考えて比較的費用が安い方法から順番に取り組んできましたが、どの方法もそもそも効果を実感するまでにかかる期間が結構あり、気づけばかれこれ2年くらいは経過している状況です。 結局効果がでないのであれば意味はないと最近とても感じているため、無駄な失敗をしないために最近植毛を考えています。 ただ、植毛は確実性はあると理解しながらも費用が結構かかりますのでどこに行ったら良いのか迷っています。失敗しない植毛が理想ですが、実際に植毛された方でご自身が成功だと思っている方いましたら、実際にかかった費用や治療後の経過なども踏まえ実体験を教えてもらいです。

AGA治療には以下のような種類があります。

  • プロペシア(フィナステリド錠)
  • ザガーロ(デュタステリド錠)
  • ミノキシジルタブレットや塗り薬
  • HARG療法、ヘアメソセラピー(毛髪再生療法)

薄毛や抜け毛で悩んでいる時には何とかしたいと思う!

実際に無料カウンセリング等を受けて医師による診察や診断を目の前にしたら萎縮してしまう。

  • 結果が悪い
  • 症状が進行している
  • このまま放置していても治らない

こんな流れから、カウンセラーからも怒涛の営業トーク。

渋々契約をして結果は効果なし!

こんな先に植毛まで検討してさらに費用をかけて対応。

こんな状態になってしまった人が日本全国にいるのではないでしょうか?

そもそもAGA治療を受けたら」95%以上が治るのでは?

そう思って質問しても、個人差という言葉で終わり。

まさに泣き寝入りの典型例。

今回の目次は以下の項目でご案内しています。

AGA治療失敗後悔の典型例

AGA治療なのに無意味?

AGA治療失敗後の2重苦3重苦

AGA治療に料金を支払う前に












AGA治療失敗後悔の典型例

 

  • なぜこんなことになってしまったのか?
  • 自分の髪を取り戻そうとしただけなのに!

治療を受けてから改善したという事例だけではありません。

  • むしろ、進行が早まった
  • 別の悩みが増えた
  • 副作用で苦しんだだけだった

こんな声もあるのです。

初期脱毛が止まらない悩み

AGA治療の代表例として、ミノキシジルタブレットという処方薬があります。

ミノキシジルとは、元は高血圧症治療薬として使用されていた血管拡張成分のひとつ。

誤解してほしくないのは、育毛剤ではないということ。

あくまで、血管拡張剤なのです。

確かに男性型脱毛症の方も生活習慣の悪化が原因の人も血管収縮が起こっている可能性はあります。

しかし、体が健康な人が服用したらどうなるのか?

この対象として、副作用が起こることは多くのクリニックが公開している。

具体的には以下のような症状があります。

  • 血圧低下による貧血症状
  • むくみ
  • 髭や胸毛、手や足の体毛が濃くなる

多毛症で別の治療が必要になった

髪を増やすために服用したのに、関係ない場所ばかり生えてきた。

多毛症の悩みを抱えたせいで、医療レーザー脱毛による永久脱毛までさせられた。

なんて声も聞こえてくるのです。

患者の悩みを聞いて新しい悩みを作り出してまた更に別の治療費を請求する。

こんなことをされたら後悔しますよね。

 

AGA治療なのにやらない方がいい?

実際にAGA治療として提供しているサービスなのに意見が完全に分かれている内容があります。

それが、高額治療として有名な毛髪再生治療です。

毛髪再生治療とは

毛髪再生治療とは、体内にある頭皮部分の組織を再生する治療方法。

発育が止まっている毛根を刺激して、育毛を促進するという内容。

しかし、この方法については、皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症新郎ガイドライン2017では効果が期待されていない。

その証拠が

AGA治療なのに意味がない

上記の表における「成長因子導入および細胞移植療法は有用か」という項目。

この答えは、C2。

この推奨該当は、「行わないほうがよい」

詳しく見ていくと、「有効のエビデンスがない、あるいは無効であるデビデンスがある」という事。

専門クリニックで行っているから?

最新の薄毛治療だから?

こんな言葉に惑わされてはいけない。

それに対して、専門クリニックなどが徹底的に意味がない、無駄と話している、発毛サロン等で行う内容は?

発毛サロンの改善方法を認めている

「LEDおよび低出力レーザー照射」

これは、発毛サロンや育毛サロンで行っているサービスの一種。

ではこの推奨度の分類は?B。

つまりは、「行うよう勧める」

さらに細かく見ると、「少なくとも1つ以上の有効性を示す質の劣るレベルⅡか良質のレベルⅢ、あるいは非常に良質のⅣのエビデンスがある。」

このように評価がされているのです。

AGA診療ガイドラインにおける答えと異なる情報公開。

「発毛を促す効果が証明されている者ではない」と紹介するクリニックもあります。

こうした情報の中で何を信じるべきかを考えることが非常に重要になってきました。

 

AGA治療失敗後の2重苦3重苦

実際に、AGA治療を受けて、脱毛が進行してその後にかつらにしたほうが早いと考える人もいます。

その結果、さらにかつらと頭皮の相性が合わないという事例が発生。

この結果、かつらの使用も制限されてしまった。

こんな形でAGA治療に始まって、どんどんお金は出ているのに、効果どころかストレスばかりが増えていったという声もあります。

 

AGA治療に料金を支払う前に

  • 無料カウンセリング
  • 初診料無料
  • 9割以上の効果

こんなフレーズに踊らされてはいけない。

まずは地元にある発毛サロンを含めて、頭皮ケア等で対処ができるなら、その方がリスクは少ないです。

並行輸入などで偽物購入?

自分で海外から薬を購入するいわゆる海外からの輸入代行というシステムを利用している会社もあります。

しかし、輸入代行では、正規品なのか偽物なのかも購入者にはわかりません。

  • パッケージが同じ
  • 色が同じ
  • 形状が似てる

ネット上にある画像等で確認をして大丈夫なのかを信じるしかありません。

こんな方法で購入することはおすすめできません。

定期購入のオンライン診療

まだ副作用が出るかどうかもわからない時期にオンライン診療による治療を受けるのもおすすめできません。

オンラインは、コロナ禍では確かに非接触という意味では有効です。

しかし、もし万が一何かが合った時、カメラ越しの診察となると、限界があります。

頭皮の状況もスコープのように見ることはできません。

何かあった時の対処ができない方法を安易に選ばない方が良い。

だったらどうすればいい?

まずは、アデランスやアートネイチャー等増毛のサロンや発毛サロン等を含めて複数をはしごしましょう。

その上で、自分の頭皮環境をファイバースコープ等で見てどんな説明をしてくるのかを確認。

  • 頭皮がべたついている
  • 皮脂が多い
  • 毛穴が詰まっている

もしこういう説明があれば、それは1つ改善しておくべき課題のひとつ。

頭皮環境の改善は、AGA治療を受けた際にも指導レベルで話しが来ます。

そのままにして薬だけでは治らない。

こんなことを言われるくらいなら、まずは頭皮環境を徹底的にきれいにして様子を見る方が楽ですよね。

私はもう薬に依存する生活に疲れてやめました。

その結果、とても気持ちが楽な生活になりました。

記事参照元

Yahoo知恵袋

皮膚科学会データ