スポンサーリンク



  • 髪を太くする方法を知りたい!
  • ビオチン【ビタミンB7】が良いって本当?
  • 薄毛対策や抜け毛改善のサプリメントがほしい

男女問わず、薄毛や抜け毛に悩む人の多くが、髪を太くする方法に注目している。

髪を太くする関連記事一覧。

年齢と髪の太さのピーク

毛髪を太くする薬ミノキシジルが効かない時はどうする?

髪を太くする

スポンサーリンク



髪の毛を太くする方法|習慣の見直し方ややるべき事まとめ

髪の毛を太くする食べ物

髪の毛を太くする食べ物【成分】効果がでるのはいつから?

プロテインを飲むタイミング

プロテイン等タンパク質摂取で髪の毛が太くなる?効果の誤解や注意点

当サイト内のすべてのコンテンツは、医療機関で15年以上患者様のサポートを行ってきた私がすべて執筆しております。

今回の記事では、ビオチンで髪が太くなるのか?という疑問について以下の目次で解説しています。

ビオチンとは?成分の特徴

ビオチンの摂取方法

ビオチンは髪を太くする?

ビオチンの副作用や注意点

ビオチンの効果はいつから?












ビオチンとは?成分の特徴

ビオチンが豊富な食材

ビオチンとは、ビタミンB群の一種であるビタミンB7のこと。

水溶性ビタミンである。

アミノ酸の代謝やコラーゲンの生成に必要な栄養素。

髪に与える良い影響

  • 糖、アミノ酸、脂質の代謝に関わる酵素として働きかける
  • 皮膚の炎症帽子
  • ケラチンの生成に重要な役割を果たしている

よって、髪の健康を保つ上で良いとされています。

ビオチン不足のリスク

不足すると、以下のような症状が現れる可能性があります。

  • 髪が細くなる
  • 爪が割れやすくなる
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 吐き気
  • うつ症状
  • 筋緊張低下
  • 知覚異常
  • けいれん
  • 発達遅延

あくまで代謝をサポートする役目を担う。

つまり、不足することは、代謝が正常に行われなくなってしまう。

よって、さまざまな症状につながる可能性が指摘されています。

 

ビオチンの摂取方法

ビオチンが豊富な食材

含有量が多い代表的な食材は何か?

一般的なスーパーやドラッグストアでも購入可能な食品はいくつもあります。

  • レバー
  • 豆類、穀類
  • しいたけ、マイタケなどのキノコ類
  • あさり等の貝類

つまりは、大豆を中心とした和食メニューにすることいとで他の栄養素の補充も可能です。

 

ビオチンは髪を太くする?

ビオチンの栄養

ビオチンには、育毛校があるという科学的証拠はない。

注意点は、ビオチンが水溶性ビタミンであること。

水溶性は、大量摂取をしても無意味。

なぜか?

過剰分は、尿となって排出される。

つまりは、体内に残らないため。よって、育毛効果を期待するほどの栄養補給にならない。

 

ビオチンの副作用や注意点

ビオチン欠乏による副作用

下記のような治療を受けている方には注意が必要です。

  • 狭心症や心筋梗塞の検査を受けている
  • 甲状腺の検査を受けている

この2つの人は、ビオチンの摂取による影響が考えられる。

どういうことか?

検査の制度に変化を与える可能性があります。

過剰摂取による副作用

過剰摂取をするとどんなことが起こるのか?

  1. ビタミンB5の吸収を阻害する可能性がある
  2. 皮膚バリアが破壊されてしまう可能性
  3. ニキビの悪化などの原因につながる可能性がある。

ではどうすればいいのか?

摂取方法の注意点

  • マルチビタミンから摂取をする
  • 髪を強化するビタミンDも補充する
  • 他のビタミンも並行して摂取する

偏る摂取方法では効果を期待するのは厳しいかもしれない。

サプリメントは、効果効能として、身体への機能や影響を表示することは原則認められてない。

つまり、どんな商品でも個人差を前提とする。

この背景には、そのサプリメントのみで成り立つわけではないから。

あくまで、健康補助食品。

補助であり主ではない。

この考え方から、一定程度の個人差が出やすいのです。

 

ビオチンの効果はいつから?

ビオチン療法という治療があります。

適応症:掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、ニキビなどの皮膚疾患

必要な栄養素:ビオチン+善玉菌+ビタミンC。

よくある誤解

ビオチン療法は、単体では決して成立しない。

各種に必要な成分量は下記の通り。

ビオチン 5000㎎
善玉菌サプリメント 50㎎
ビタミンC 400㎎

善玉菌とビタミンを組み合わせることで初めて確実に効果を発揮する。

効果はいつから?

即効性はありません。

あくまで、お重から皮膚の再生には、時間が必要です。

一般的な皮膚の再生だけでも6ヶ月から1年くらいかかるとされています。

つまり、同等程度の時間を要すると考えるのが一般的な考え方です。

こんな人におすすめです。

  • aga治療における薬物療法で効果が実感できなかった
  • ミノタブやザガーロで副作用が強く出て処方も中断した
  • 頭皮の湿疹やできものが気になっていた

薬以外の方法で治す方法を検討している方には長期的な計画が必要ですが、オススメします。

参考文献

https://www.hosp.tohoku.ac.jp/pc/img/tyuuou/hiroba04.pdf

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/biotin.html

https://ods.od.nih.gov/factsheets/Biotin-HealthProfessional/

https://bandh.org/biotin.html