スポンサーリンク



  • ジヒドロテストステロンを抑制する方法を知りたい!
  • 食生活の改善で薄毛の原因となる男性ホルモンを減らす方法を知りたい!
  • AGA治療薬などは副作用が心配だから飲みたくない!

男性型脱毛症(AGA)、AGA以外の原因の脱毛症。

頭頂部、前頭部、側頭部等自分の髪が薄くなってきたことが気になる人が原因を調べると出てくるのが、男性ホルモン。

その中でも以下のキーワードは重要。

  • 5α還元酵素(リダクターゼ)
  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  • 亜鉛、イソフラボン等の栄養素
  • 食生活改善

今回の記事では、ジヒドロテストステロンの抑制をする食生活について、以下の目次にて、解説しています。

5αリダクターゼと薄毛の関係

5αリダクターゼ抑制する栄養素

ジヒドロテストステロン抑制メニュー












5αリダクターゼと薄毛の関係

5αリダクターゼとは

スポンサーリンク



5αリダクターゼとは

5αリダクターゼとは、誰にでも存在するものです。

前頭部、側頭部、前立腺などに存在する酵素。

多い人の特徴

5αリダクターゼ多い人の特徴

多い人の特徴は、遺伝の可能性があります。

根拠は、5α完全酵素の関係する遺伝子(優性遺伝子)が存在するのです。

優性遺伝子は、父親、母親のいずれかが持っていれば、子どもに遺伝すると言われています。

よって、子どもに遺伝しやすいのです。

つまりは、5αリダクターゼの影響により、AGA(男性型脱毛症)が発症する可能性が高くなるのです。

発生原因

5α還元酵素発生原因

なぜ悪玉テストステロンと呼ばれるジヒドロテストステロンを生み出すような酵素が発生するのか?

この答えを解説していきます。

5αリダクターゼは、テストステロンの補佐的な働きをします。

  1. テストステロンが不足する。
  2. 5α還元酵素がDHTを作る

激しい運動をするとテストステロンに逆効果?

薄毛との関係性

薄毛と5α還元酵素の関係

5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型が存在します。

それぞれの特徴を下記にまとめています。

種類 症状の特徴
Ⅰ型 主に側頭部や後頭部の皮脂腺にある酵素
Ⅱ型 前頭部や頭頂部の毛乳頭の中にある酵素

Ⅱ型が多い人の特徴は、ヒゲや体毛が濃い体質になります。

  1. 毛乳頭細胞にある男性ホルモンの受容体である還元酵素とDHTが結びつく。
  2. 毛母細胞の働きを低下させる。

これが薄毛の進行となります。

ジヒドロテストステロン【dht】を抑える方法とは?

 

5αリダクターゼ抑制する栄養素

5αリダクターゼを抑える食事

以下の栄養素が注目されている。

  • ノコギリヤシ
  • 亜鉛
  • アロエ
  • 大豆類

順にご紹介していきます。

ノコギリヤシ

栄養

日本にはありません。

滋養強壮が期待されている食べ物として注目された栄養。

含まれる成分

  • オレイン酸
  • リノール酸
  • βシトステロール
  • オクタコサノール

亜鉛

亜鉛を含むメニュー

髪を生成するのに欠かせない栄養。

髪の主成分は、ケラチンとタンパク質。

つまり、亜鉛が不足すると、うまく合成できないのです。

アロエ

アロエ

アロエには、5α還元酵素の抑制作用が期待されている。

大豆類

大豆

納豆、豆腐などに含まれているイソフラボンが注目されている。

理由は、女性ホルモンと似た働きをするから。

みかん

みかん

みかんの皮に含まれているd-リモネン。

この成分が5α還元酵素の合成を阻害すると言われている。

 

ジヒドロテストステロン抑制食品

ジヒドロテストステロン抑制メニュー買い物

  • 納豆
  • 豚レバー
  • 豆腐
  • バナナ
  • 卵、乳製品

つまりは、食事は基本的に和食が合理的なのです。

高い買い物をする必要はない

薄毛予防の食材

  • ネット通販限定商品
  • 期間限定価格
  • お試し
  • 全額返金保証

こんなサービスに依存する必要はありません。

むしろ、近所のドラッグストアやスーパーで特売のコーナーで販売している食材です。

コンビニも高いので、節約をしたい人は、忙しい人でもスーパーで買い物をするのがおすすめ。

亜鉛が豊富な食材

亜鉛が豊富な食材

亜鉛が摂取しやすいのは、以下のような食材。

アーモンド、海藻類、牡蠣、いわし、肉類、納豆です。

海藻系が良いと言われていたのは、ビタミンC、亜鉛、仮シム等が豊富だったからです。

ただし、たくさん食べればよいという事ではありません。

あくまで、栄養のバランスが重要なのです。

ですから、主食、主催、副菜を意識したメニューを用意するようにしましょう。

こう考えると、納豆やみそ汁、雌株などは複数個まとめ買いににしておくと節約しやすいです。