スポンサーリンク



  • 髪の毛が細くなってきた気がする
  • カラーやパーマを繰り返していたのが原因?
  • 髪の毛を太くする方法は食べ物で対応できる?

節約したいし、お金をかけずに髪を元に戻す方法はないの?

結論として、自分の髪を育てるためには、食べ物だけでなく、いろいろ改善が必要です。

髪の毛が早く伸びる関連記事一覧

育毛剤で髪が伸びた人の共通

髪の毛を早く伸ばす方法とは?育毛剤の選び方で違いはあるの?よくある誤解

おすすめなのか

スポンサーリンク



シュガーベアーヘアー評判|髪の毛を早く伸ばすサプリ2021通木商品の実態

東洋医学

髪の毛を早く伸ばす方法|簡単にできる頭皮マッサージのツボや実践方法を紹介

髪の毛を健康にするために必要な栄養素

髪の毛を早く伸ばす食べ物|本当に必要な栄養素と代表的な食材を徹底解説

髪の毛を早く伸ばす方法

髪を早く伸ばす方法|一週間は無謀な根拠と正常な成長

今回の記事では、髪の毛を太くする食べ物について、下記の目次でご案内しています。

髪の毛を太くする食べ物の選び方【成分】

髪の毛を太くする食べ物おすすめの食材

髪の毛を早く太くするのは難しい根拠

髪の毛を太くする食べ物と変化の流れ












髪の毛を太くする食べ物の選び方【成分】

髪の毛を太くする食べ物

髪を正常に育てるために必要な栄養素とは何か?

この答えは、以下の対象があります。

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ミネラル
  • ビタミン

特に、健康に必要な三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物は体全体の健康管理に必須栄養素となります。

順に解説していきます。

髪の90%以上がタンパク質で構成

タンパク質

髪は、以下に掲載する18種類のアミノ酸が主成分で形成されています。

  1. シスチン
  2. アスパラギン酸
  3. アラニン
  4. リジン
  5. グルタミン酸
  6. セリン
  7. プロリン
  8. イソロイシン
  9. アルギニン
  10. スレオニント
  11. チロシン
  12. メチオニン
  13. グリシン
  14. ロイシン
  15. バリン
  16. フェニルアラニン
  17. ヒスチヂン
  18. トリプトファン

タンパク質には、植物性と動物性があります。

以下のような食材が代表的な存在です。

大豆、豆腐、納豆、おから、卵、乳製品等。

ケラチンと食物摂取の関係

ケラチン

髪だけではありません。

  • 皮膚の角質層

上記も含めて、「ケラチン」で形成されています。

髪にケラチン等が届く流れを知っておくことも大切。

  1. 肉や魚のタンパク質を摂取
  2. タンパク質がアミノ酸に分解される
  3. 分解されたアミノ酸から18種類を再結合
  4. ケラチンが生成される

つまりは、ケラチンを作り出すためにはタンパク質が必要。

亜鉛(ミネラル)の必要性

亜鉛を含むメニュー

亜鉛も「ケラチン」の生成に関連します。

他にも以下のような働きがあります。

  • 体内の酵素の働きを活性化させる
  • ホルモンの分泌に重要な役割を果たす
  • 新しい細胞おw作るときに貢献する
  • 性機能の維持に貢献する
  • 免疫細胞の働きを活性化する
  • アルコールを分解する

亜鉛が豊富に含まれる食材。

チーズ、牛のモモ肉、たらこ、ゴマ、海苔、梅干し、するめ、レバー等。

ビタミンの必要性

抜け毛とビタミンCの関係

ビタミンは、水溶性と脂溶性の2種類に分類されます。

水溶性ビタミン ビタミンB群
ビタミンC
脂溶性ビタミン ビタミンA
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK

では食材を見ていきましょう。

肉、玄米、レバー、ウナギ、納豆、乳製品、アーモンド(ナッツ系)、小麦、大豆、ホウレンソウ、ニンジン、かぼちゃ、いちご、柑橘類などが代表的です。

 

髪の毛を食べ物で早く太くすることはできない

髪の毛を早く伸ばす食べ物

髪の毛を早く太くする方法を探す人に、食べ物における過剰な期待は間違いだとお伝えします。

基本的に、今のヘアスタイルを変えたいなら、時期が来るまで待ちましょう。

食べ物では髪は太くならない根拠

食べ物では髪が伸びない

生えて、成長して、脱毛して数ヶ月してまた生えてくる。

この周期の事をヘアサイクル(毛周期)と言います。

ヘアサイクルの主な周期には以下の3つがあります。

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

順にご紹介していきます。

髪が伸びた、増えた「成長期」

ヘアサイクル成長期

  • 髪が伸びたな
  • 前髪が邪魔だな
  • 耳にかかるのがうざったい

美容院や理髪店に足を運ぶ前の毛は成長期で伸びた毛を整えたい時期。

正常であれば、毛髪全体の8割から9割が成長期になっている。

男性の成長期の期間は、3年から5年。

女性の成長期の期間は、4年から6年。

成長期は、さらに以下の3つに分類されます。

時期 変化
早期 【生える前】皮膚の下で毛母細胞の細胞分裂
中期 髪が産毛になる段階
後期 髪が皮膚から出てきた成熟する段階

特に後期が長いとふさふさやボリュームのある髪が維持できるようになります。

一方で、中期から後期にかけての期間が短いと以下のような変化を実感します。

  • 髪が育たない(伸びない)
  • 髪が細い
  • ハリ、コシがない毛が多い
  • ボリュームが出ない
  • セットがうまくまとまらない

上記のような悩みを抱えたら、成長がストップしている可能性があります。

髪が徐々に衰退する「後退期」

後退期

数年かけて成長を終えた髪はどうなるのか?

  • 徐々に細胞分裂の速度が緩やかになる。
  • 寿命が終わる。

つまり、髪の成長が完全に終了する。

この期間は、2~3週間ほどです。

後退期の髪がシャンプーやブラッシングなどで抜けるのです。

自然脱毛となる「休止期」

細胞分裂が終わって、一旦休みの時間が訪れます。

おおよそ髪全体の1割から2割ほどが該当します。

期間は、およそ2~3ヶ月です。

つまり、髪を切りたいと思うようになる時期には、新しい産毛も増えてくる時期なのです。

1ヶ月に1cm前後、1年で12cm前後。

この正常なサイクル以上に伸ばすというのはおかしいのです。

 

髪の毛を太くする食べ物と変化の流れ

  • 豆類、鶏肉、青魚、卵、ブロッコリーなどをたくさん食べた!
  • ビタミンB、ケラチン、タンパク質、亜鉛、ミネラルも摂取した
  • 昆布やひじき、わかめ等の海藻系も食べた

必死に髪に良いとされた食べ物を食べた。

でも自分の髪はいつ太くなる?

この流れは、基本的には、成長サイクルに合わせた活動となります。

髪が太くなる仕組み

そもそも髪は、シャンプーなどで太くなるものでもありません。

髪の毛の太さは、遺伝的な要素によって決まっています。

よって、もともと髪の毛が細し人はどう頑張ってもそれ以上にはならないのです。

幼少期から成長期にかけての段階では、筋肉、骨格等が成長しています。

この期間のホルモンバランスの変化によって、髪質が変わることもあります。

しかし、根本的な太さが変わるというのは、成長期を終えた20代以降には厳しいです。

髪が細くなる原因を知る

以下のような要素があると、髪が細くなる可能性があります。

  • 偏食ぎみ
  • 過度なダイエット
  • 肩こり等がひどい
  • 偏頭痛などもある
  • ストレスをかかえてしまっている
  • タバコを吸っている
  • 脂っこい食事が好き

上記のような生活では、血行が悪くなる傾向があります。

他にもストレスによって、ホルモンバランスの乱れを引きおこす。

この流れがいずれ新陳代謝の低下につながるのです。

食べ物で体の基礎を強化する

基本的に自分の身体を内部から整えることがこれ以上進行させないためには必要不可欠。

そして、自分の体の基礎をつくることが、外的なストレスによる字リス神経の乱れやホルモンバランスが崩れるのを防ぐ効果につながります。

いわば、髪の毛を健康な状態に導くために努力をする。

これが今の段階であなたが知るべき現実です。

毛包幹細胞を維持する。

これが、発毛メカニズム的に見て非常に大切です。

 

食べ物以外の注意点

薄毛の原因には、いくつかパターンがあります。

はげの原因

ハゲは、以下の4つの原因が主であるとされています。

  1. 遺伝的要因
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 更年期

遺伝的要因

遺伝的要因

両親又は祖父母の家系の中で髪が薄かったという方がいる場合はこの可能性も考えられます。男性女性を問わず抜け毛の主な原因は男性ホルモンによる影響と言われています。遺伝子検査なども発達していますが、やはり体質的に該当するというケースがこのパターン。

生活習慣による影響

生活習慣

ストレス化社会、不規則な睡眠、生活習慣の乱れ等が問題視されている現代。人間関係、仕事、金銭等日常生活におけるストレスが原因で男性ホルモンが増加しやすい環境になっているというケースもあります。

他にも食生活による脂質の高い食事を好む生活やバランスの良いメニューではなく、インスタントや簡単に手軽に食べられる食事を好む方が増加していることも要因とされているのです。

自分の目的と対処法の選び方
髪を増やしたいと思っていても実際に何から始めるべきかが分からないという人は多くなっています。

市販や通販の人気ランキングを見て、価格をチェックしながらひっそり自宅に郵送される商品で試している人も多いのではないでしょうか?

私も同じことをしてきましたのでお気持ちはよくわかります。しかし、これではほとんどの方がなかなか結果が出ないとか効果なしという結末に頭を抱えてしまうのも現実。

  • 手間をかけたくない
  • 費用を抑えたい
  • なるべく薬などは使いたくない
  • 自然な髪型を手に入れたい

この4つの条件を私もAGA治療で高額な内容を選択した経験から今の時代に合っているのは、増毛だと思っています。

しっかり美容師によるヘアアレンジも対応してくれますし何より自分で何かをする必要がないことが一番の救い。

結果が出るか出ないかはわからないAGA治療を長期にわたって挑戦してもし毛が生えなかったらどうしよう?

こんな不安を抱えている方は、まずはアデランスの増毛体験で髪が増えた喜びを実感することを自らの体験ではお勧めしています。

ストレス

ストレス

ストレスはゼロということはできません。

コロナ禍で何もなくても自然と不自由な環境になっている時代。

しかし、ストレスは、薄毛だけでなく、さまざまな病気に関係します。

  • 高血圧
  • コレステロール値上昇
  • 慢性甲状腺疾患
  • 膠原病

つまりは、血管を収縮させたり血行障害に影響をあたえる。

ではどうすればいいのか?

自分の背負える量をきちんと把握することが大切。

何より、薄毛に対して気にしすぎないことが重要なのです。

髪の乾かし方によりダメージを与えないコツもご紹介しています。

髪の毛を早く乾かす方法|ドライヤーとタオルと+αがポイント