スポンサーリンク



薄毛、抜け毛に悩む男女の共通の課題「ヘアサイクル」

  • 髪が抜け落ちる量が多い(増えた)
  • 髪が生えてこない
  • 地肌が見えるようになった

正常に髪が生えて、抜けて、次の髪が成長したら、見た目は薄くならない。

でも髪の毛の成長サイクルが乱れるとどうなるのか?

  • 生えた後にすぐ抜ける(早期脱毛)
  • 生えた後に成長が遅い(細い毛が目立つ)
  • 伸びない、伸びるのが遅い

上記のような症状が続くと、自分の髪型が以前と同じようにセットできない等の悩みが生まれる。

今回の記事では、ヘアサイクルの回復期間について、以下の目次でご紹介しています。

ヘアサイクルとは

髪が抜ける主な3つの原因

ヘアサイクルが乱れる3つの原因

ヘアサイクルを回復させる方法











ヘアサイクルとは

ヘアサイクルとは

男性でも女性でも毛髪は日々成長し退行し脱毛しています。

  • シャンプーによる抜け毛
  • ブラッシングや手ぐしによる自然に落ちる毛

上記のような髪を含めて、1本1本に寿命があります。

生えて、成長して、脱毛して数ヶ月してまた生えてくる。

この周期の事をヘアサイクル(毛周期)と言います。

ヘアサイクルの主な周期には以下の3つがあります。

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

順にご紹介していきます。

髪が伸びた、増えた「成長期」

ヘアサイクル成長期

  • 髪が伸びたな
  • 前髪が邪魔だな
  • 耳にかかるのがうざったい

美容院や理髪店に足を運ぶ前の毛は成長期で伸びた毛を整えたい時期。

正常であれば、毛髪全体の8割から9割が成長期になっている。

男性の成長期の期間は、3年から5年。

女性の成長期の期間は、4年から6年。

成長期は、さらに以下の3つに分類されます。

時期 変化
早期 【生える前】皮膚の下で毛母細胞の細胞分裂
中期 髪が産毛になる段階
後期 髪が皮膚から出てきた成熟する段階

特に後期が長いとふさふさやボリュームのある髪が維持できるようになります。

一方で、中期から後期にかけての期間が短いと以下のような変化を実感します。

  • 髪が育たない(伸びない)
  • 髪が細い
  • ハリ、コシがない毛が多い
  • ボリュームが出ない
  • セットがうまくまとまらない

上記のような悩みを抱えたら、成長がストップしている可能性があります。

髪が徐々に衰退する「後退期」

後退期

数年かけて成長を終えた髪はどうなるのか?

  • 徐々に細胞分裂の速度が緩やかになる。
  • 寿命が終わる。

つまり、髪の成長が完全に終了する。

この期間は、2~3週間ほどです。

後退期の髪がシャンプーやブラッシングなどで抜けるのです。

自然脱毛となる「休止期」

細胞分裂が終わって、一旦休みの時間が訪れます。

おおよそ髪全体の1割から2割ほどが該当します。

期間は、およそ2~3ヶ月です。

つまり、髪を切りたいと思うようになる時期には、新しい産毛も増えてくる時期なのです。

 

髪が抜ける主な3つの原因

髪が抜ける原因男女共通点

ヘアサイクルが維持できていれば、ヘアスタイルが大きく変わることもありません。

しかし、自然な抜け毛というのは、正常な人でも起こります。

薄毛に悩まない人でも以下の時期で抜け毛が増えることがあります。

  • 季節の変わり目
  • ホルモンバランスの変化(更年期や産後等)

このような時期には一時的な抜け毛が増えやすい時期です。

しかし、こうした一時的な変化は、2~3週間程度で元に戻ります。

1ヶ月以上続く。

この期間に該当する人は、注意が必要です。

1日100本程度は正常の範囲内

1日に抜ける髪の毛の本数

髪は何本暗い1日に抜けるのかな?

この答えは、50~100本。

でも100本すべてが自分で見てわかるわけではありません。

シャンプーの後に抜けている毛が6割。

つまりは、シャンプー後の抜け毛の本数と同等又は少し少ないくらいの抜け毛が私生活で自覚しているのは多いのです。

ヘアサイクルの乱れに伴う抜け毛の変化

ヘアサイクルの乱れと抜け毛

抜けた髪はどんな感じなのか?

この答えとして、以下のような髪が目立つ人は危険。

  • 短い毛が多い
  • 細い毛が目立つ
  • ハリコシがない髪がある

抜け落ちた髪の状態を見ると、成長期が短いことが分かる。

放置すると悪化する?

抜け毛悪化

ヘアサイクルの乱れは、放っておいても改善されないことが多い。

なぜか?

髪に悪影響を与えている環境は、体の内側に潜んでいるからです。

原因をつきとめて、対処をしておくことが大切です。

ヘアサイクルが乱れる3つの原因

ヘアサイクルが乱れる原因

ヘアサイクルを乱す要素は以下の3つがあります。

  1. AGA
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス

順にご紹介していきます。

AGA

AGA

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称。日本では男性型脱毛症を意味します。

特徴は以下の通り。

思春期から成人男性まで幅広い年代において、抜け毛や髪の毛が薄くなったという実感がある人
10代学生から20代前半にかけて進行してきたのがわかる
30代以降も育毛剤やシャンプー等市販や通販の商品を試したけどなかなか効果がない
このような方の場合は、根本的に男性ホルモンの5α還元酵素による影響を受けている可能性がありますのできちんと薬によるコントロールや生活習慣の見直し等が必要になります。

生活習慣の見直し

生活習慣

生活習慣の中には以下のようなポイントがあります。

  • 睡眠不足
  • 栄養バランスの悪い食生活
  • 過度な飲酒や喫煙

どの項目にも共通するのが、血管収縮への影響です。

髪を正常に成長させるためには、酸素と栄養が必要です。

血管の働きが正常に機能していないと栄養も酸素も行き届かない。

つまり、血行不良が原因で起こるという事です。

ストレス

ストレス解消

ストレスも自律神経等の乱れに影響を与えます。

結果的に、血行不良という流れになります。

血行の悪化に関わるからこそ、ストレスも対処法を考えて置くことが大切。

最も大切なのは、自分自身がストレスを抱えている事象に対して受け入れる勇気を持つこと。

キャパオーバーになってしまったら、まずは一度落ち着いて今の自分を受け入れるようにしましょう。

ヘアサイクルを回復させる方法

ヘアサイクル回復期間や方法

髪を正常なサイクルに戻すためにはどうすればいいのか?

この答えは、3つの方法に分類されています。

  1. AGA治療
  2. 生活集荷の改善
  3. ストレス対策

順にご紹介していきます。

AGA治療

aga治療費内訳疑問

AGA治療は、内服薬や外用薬による投薬治療が中心。

他にも自毛植毛、再生療法等の高額治療も存在します。

  • 抜け毛をおさえる進行予防。
  • 発毛、育毛を促進する

上記の2つに分かれています。

ココが注意点!

副作用がひどい(むくみ、多毛症、性欲減退、初期脱毛等)

薬が効かない、効果なし

上記のような声は一定数存在します。

9割以上の満足度と言いながらも結局は生えない、変わらない、悪化したという声もあります。

この対象者に対する説明の中には、

「AGA以外が原因の可能性がある」とされています。

ですから、AGAがすべてという考え方は少し危険です。

生活習慣の改善

ストレス原因の抜け毛と生活習慣見直し

  • ストレスが重なったからだろう
  • 転職して生活リズムが変わったせいだろう
  • 最近ダイエットして食生活のバランスが崩れたせいだ
  • 妊娠、出産をしたからだ。
  • 季節的なものだろう

このようなな悩みを抱えて数ヶ月経過しても回復しない。

そんな時には、以下の点を見直すことも大切。

  • 睡眠時間を一定にする
  • 睡眠前のスマホやパソコン操作をしない
  • 栄養バランスの良い食材を見つける
  • 外食や油っこい、カロリーの高い食事は控える
  • 深酒をしない
  • 喫煙の本数は減らす

等自分の私生活内で見直しが可能な内容を積極的に試すことが大切。

まずは3ヶ月から半年という期間を目安に継続することも大切です。

栄養不足でm字ハゲは嘘?偏食生活者のAGA治療体験記

ストレス対策

ストレス

ストレスのせいで血流が悪くなった。

ストレスは他にも睡眠不足の原因にもつながる。

  • 不安で眠れない
  • 仕事で失敗やミスしたことが気になる
  • 友達や家族と喧嘩した
  • 彼氏彼女とうまくいかない
  • 婚活が上手くいかない
  • リストラ、解雇が不安

こんな悩みを抱えていると、どうしても自分の体の中の自律神経も乱れやすくなります。

まずは、自分の現状に対して考えすぎないようにすることも大切。

そして、自分のストレスに対して受け入れる勇気を持つようにしてください。

今すぐにどうすることもできないことは時間の流れに任せる。

こんな楽観的な生き方を選んだ方が気が楽になります。

 

髪が正常に伸びる回復までの期間

髪が伸びる方法

では自分の髪の成長も脱毛もいつになったら元に戻るのか?

毛量が回復するのはいつ?

毛量の回復

正常な髪でも1ヶ月1.6cm程度の成長が一般的目安。

つまりは、正常な髪が伸びたとしても1日や1週間で回復することはありません。

早く伸ばすという考え方は間違い。

髪を早く伸ばす方法|一週間は無謀な根拠と正常な成長

正常な髪の成長期に戻す。

この結果は、1cmから2cm未満の成長を実感することです。

つまりは、自分の抜け毛や薄毛を実感している人は、6ヶ月以上の期間は必要という考え方が一般的です。

健康な髪が育つためには、頭皮の環境を整える事も大切。

髪を短くするのも伸ばすのも自由。

加齢に伴うホルモンバランスの変化等があれば、その影響も考えることが大切。

テストステロン(男性ホルモン)を増やす行動のコツと注意点

毎日の健康に大切な要因は同じです。

  • 十分な睡眠時間を確保
  • バランスの良い食事
  • ストレスをためない
  • 過度なダイエットをしない
  • ヘアケアを毎日心がける

自分の身体をケアすることは、維持しなければいけません。

食生活では、5αリダクターゼ【還元酵素】を発生させないために注目する成分関係の記事も書いています。

ジヒドロテストステロン抑制する食べ物

育毛剤に依存する考え方は古い。

AGA治療に依存するのも費用対効果が出ないこともあります。

m字ハゲにミノタブは効かない?

有効な手段がわからない。

どうすれば、自分で解消することができるのか?

この答えは、1つの知識がすべてではありません。

何らかの刺激による炎症を起こさない等の工夫ももちろん大事。

  • 運動不足を気にする人
  • アルコールを毎日飲む人
  • 禁煙が難しい人

こういう人でもストレスに強くない人が、適度にたしなむならストレス解消法と言える。

でも簡単に依存してしまう人はよくない。

このように、人によって、それぞれの体質や症状によって、幅広い視野を持っておくことが大切。




参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jos1956/44/4/44_4_266/_pdf