スポンサーリンク



  • 円形脱毛症になって焦った
  • 急に髪が減った気がする
  • 人に見られるのが恥ずかしいから必死に隠していた
  • 髪型を変え、帽子やニットを購入しても限界!

「もう疲れた」

この言葉が心の底から湧き上がってきていませんか?

それでも髪の悩みは結局、誰にも相談できない。

  • 親にも言えない
  • 妻や子供にも打ち明けられない
  • 親戚や周りにハゲはいない

自分が一人身になってからでも人付き合いは終わらない。

むしろ、孤独になった分、誰かと関わっていたいと思ってしまう。

そんなあなたがこれからの人生で考えておくべき内容をご紹介していきます。












薄毛で髪型も楽しめない苦痛

人生を楽しめない理由

「何も対策をしないで開き直るってどうなの?」

別にハゲていても命に問題はありません。

しかし、日常生活を想像してください。

髪は、最も周りの人が簡単に個性として認識しやすいパーツです。

人は第一印象の9割が見た目で判断される。

だったら、髪が薄いよりもあったほうが楽。

髪の量や濃さの悩みと年齢

髪の量や濃さの悩み

正直、年齢は関係ありません。

  • 10代未成年
  • 20代新社会人
  • 30代婚活や結婚
  • 40代子育て世代
  • 50代管理職
  • 60代引退
  • 65歳以上セカンドライフ
  • 70代80代孫との時間

結局、人生にお酒や食生活とセットだと思った方が良い。

気にしなければいい!

もしこれが本当に実現できるなら、誰もハゲを気にしない時代になっているはず。

それが、現実は逆。

むしろ、男女を問わない悩みに変わった。

これが現実なのです。

  • パーマ
  • カラー
  • 整髪料によるセット
  • ヘアアレンジ

おしゃれを楽しみたいなら、髪型の分け目を変えるなどすれば楽しみは増える。

それができない。

人間は、他の人には出来るが自分には何か原因や理由があって出来ないことを「コンプレックス」にする。

だったら、とにかく早めに何とかすることが大切。

 

薄毛やハゲを隠す日々の疲労

ハゲない人生

  • 仕事上の付き合いや接待はコロナ禍で減った
  • 恋人とオシャレな洋服を着て楽しむデートの機会も減った
  • 近所のスーパーやドラッグストアで買い物するくらいしかお出かけもない

「こんな人生なら、別に誰に何を見られても良い。」

一度はこう考える。

でも現実は?

  • 他人の目が気になる
  • こっちを見ている人がいると髪が気になる
  • 他人に振り替えられるのがすごく怖い

結局、薬局等に行くと、ひそひそと育毛剤や飲み薬、ふりかけるパウダーのコーナーで金額だけ確認する。

こんな生活が続くから、精神的にも疲れていくのです。

 

ハゲを卒業する方法はないのか?

ハゲを卒業する生き方

  • AGAかもしれない!
  • 医師による無料カウンセリングを受けてみよう!
  • 治療を受けてみよう!

本当に、95%以上の人が改善しているなら、もうかなりのハゲはいなくなったと思いませんか?

でも実際はどうでしょうか?

10年前、5年前、3年前とコロナ禍になった2020年以降。

  • ストレスの対象も一気に変わった
  • 心の準備ができないまますぎていく日々
  • 加齢に伴うホルモンバランスの乱れ
  • 体力の低下、筋肉量の低下

仕事のストレスも一気に変わったという人は多い。

職務上人前に出る機会が多い人は、さらに自分のストレスによる影響を気にするようになる。

だったら、まずは何をするべきなのか?

この答えは、発毛や育毛のサロンで頭皮環境を確認することが大切。

私はこう伝えたい。

なぜか?

  • 薬の副作用を気にしない方法から始める
  • AGA以外の原因は生活習慣の見直しだけで改善する可能性がある
  • 頭皮環境の中でも洗うことは、自分で行うにも限界がある。

単純に髪を増やすために何をするのか?

この答えは、頭皮環境を清潔に保つことが最重要課題。

シャンプーを変えるだけではできないことがあることに気付くべきなのです。

 

現役引退後も悩まない人生にするために

現役引退後も悩まない人生設計

髪を隠すことは他人の目を気にしている証拠。

隠すというのは、心理学的にいえば、不安やストレスなどから自分の守るもの。

つまりは、守の姿勢が常態化する。

攻めの姿勢とか前向きな人生とはまるで反対。

時代の流れと知るべき変化

髪の毛は、別にAGA治療がすべてではありません。

むしろ、副作用や効果なし、効かない時の精神的ダメージのほうが大きい。

育毛サロンや発毛サロンは、せめて頭皮だけでも清潔な環境が整う。

この違いを多くの人は、誤認している気がする。

  • 医学的根拠
  • 改善率

しかし、クリニックにいる医師は年々若くなっていると思いませんか?

  • 過去の症例を知っているわけではない。
  • 10年前の当時の治療を知らない。

結果的に、今ある方法を自信を持って説明しているだけ。

でもその根拠は、皮膚科学会とも異なるケースも出てきています。

毛髪再生は高額なだけでやらないほうが良い!

ザガーロが効かない理由も納得できる。

こういう意見にも耳を傾けながら、厚生労働省が認可している少ない種類の中で探すのは難しい。

だったらせめて、頭が臭いとかできものができるみたいな状態だけを避けることから始めるほうが近道なのでは?

こういう施術を受けることがストレス解消になったり、リラクゼーション効果になるのでは?