スポンサーリンク



  • 和歌山県内で自毛植毛の無料カウンセリングを受けたい
  • 植毛治療を受けられるクリニックが和歌山県内にはあるの?
  • 大阪に行かないとおすすめのクリニックはないの?

薄毛治療は、遠方に行くことだけが全てではありません。

経過の事を考えると、地元で受けるほうが無難です。

植毛関連記事一覧。

自毛植毛費用|生え際m字部分を有名クリニックではいくら?

スポンサーリンク



植毛の費用|男性のm字や女性の平均的目安や選び方

植毛とは?メリットデメリットや料金相場比較注意点

医療現場で10年以上携わってきたからこそお伝えしたい実態やクリニック選びで失敗しないポイントをわかりやすく解説しています。

今回のページでは、和歌山県内で植毛治療を受けたい人向けに以下の目次で解説しています。

和歌山県内で植毛治療可能なクリニック

植毛クリニックの選び方失敗注意点

和歌山県周辺の植毛治療相談クリニック

自毛植毛治療の種類と特徴

植毛治療の流れ|予約から経過まで












和歌山県内で植毛治療可能なクリニック

和歌山植毛

和歌山県内和歌山市内では、植毛および自毛職も王を行っているクリニックはありません。

植毛治療は通院が必要ない?

植毛治療後の通院

大阪まで行くのに、南海電車やJR等を乗り換えて1時間半以上かけていく価値があるのか?

正直、私はかなりリスクだとお伝えしたい。

なぜか?

  • 遠方から来る薄毛治療の顧客は、目的意識も高いと思われている
  • 初診の無料カウンセリング後に決断しないと損だと思いこむ人も多い
  • 他のクリニックを回ってくる気力や精神力がない

交通費支給やキャンペーン、モニター割引等に引き寄せられてしまう人は多い。

結果的に、よくわからないけど、良さそうだとその場で決断する人は多い。

要するに、いいカモになってしまうリスクが高い。

和歌山県周辺の植毛治療相談クリニック

和歌山駅

和歌山県周辺では、大阪府内が最もクリニックが多い。

大阪梅田エリアのクリニック

大阪梅田エリア

大阪梅田駅周辺では、以下のようなクリニックがあります。

クリニック名 最寄り駅 住所 治療方法
親和クリニック 大阪梅田
北新地
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-20
桜橋IMビル2F
FUE法
アイランドタワークリニック 大阪梅田 大阪市北区曾根崎2-6-6
コウヅキキャビタルウエスト7F
FUE法
湘南美容クリニック 大阪西梅田 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-12
桜橋プラザビル6F
FUE法
FUT法
ARTAS
NHT紀尾井町クリニック 新大阪 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル2F
FUE法
FUT法
Wellness Beauty Clinic 大阪梅田 大阪府大阪市北区曾根崎2丁目15-29 FUE法
FUT法
NDクリニック 大阪梅田 大阪市北区兎我野町15-13
ミユキビル5F
FUT法

JR「大阪」駅や阪急「梅田」駅徒歩圏内が中心になっているのがわかりやすいと思います。

どのクリニックが良いかどうかをまだ全く分からない状態。

ではどのように選ぶべきかをご紹介していきます。

 

植毛クリニックの選び方失敗注意点

失敗

クリニック選びにおいては、技術や料金、執刀医などさまざまな選び方のポイントがあります。

しかし、近年では、SNSの普及に伴い、口コミや評判は掲示板だけが主流ではなくなりました。

Google口コミを確認

Google口コミ

例えば、アイランドタワークリニック。

7か月。

ショックロスもなくなり、しっかりと太い髪が植毛した箇所から生えてきているのが確認出来ています。

エム字部分を下げる感じでデザインをしてもらってアイダイレクトで1300グラフトくらい、大体150万くらいでローンで月々2万円くらいでAGAのクリニックに通ってる時とあまり変わらない料金感で自分としては薬より植毛で薄毛は治療した方が最終的には一番良いと感じた。

非常にわかりやすいですね。

口コミ内容の確認ポイント

口コミ

以下の点が明確になっているのかが重要です。

  • 治療した箇所(生え際、頭頂部、前頭部等の部位)
  • グラフト(本数)
  • 費用目安

上記の3つが明確になっていることが大切。

その上で、この予算で、経過がどのようになったのか?

  • 数ヶ月後
  • ロス(抜けた本数)
  • 仕上がり

上記の内容がきちんとそろっている情報を確認しましょう。

SNS口コミもチェック

sns口コミ

snsでは、以下のような対象をチェックしましょう。

  • Twitter
  • Instagram

上記のようなツールで、

「クリニック名 植毛 後悔」

等を検索します。

全く出てこない場合は、クリニック名と植毛のみで検索。

この時、クリニックの公式Twitter以外が出てこない場合は、そこまで若い世代が通っていることもないという傾向も見えてきます。

よくある誤解

誤解

植毛は、より自然であり、高い定着率を成功と考える人は多い。

最初の本数をかなり多くすると、当然定着率は下がります。

この場合は、一定の本数が残ったから良しと考えるケースもあります。

でも本来なら、少ない本数でもバランスよく整えるのが本来の技術力。

バランスよく、そしてコストを抑える提案ができるかどうか?

この点も認識をしておくと見え方も変わってくるでしょう。

交通費だけでなく、宿泊費や最大50%オフ等のモニター割引。

こうしたことははっきり言ってどうでもいいです。

むしろ、その価格で執刀医がアルバイトのほうが怖いです。

価格の高い安い

植毛料金

安いか高いかの問題ではありません。

  • FUTとFUEのどちらを選ぶのか?
  • 傷の経過はどうだったのか?
  • 通院不要となっていたが、痛みや腫れ、熱感は?
  • 次の日に仕事は普通にできたのか?

このような悩みについて、少しでも寄り添う情報を確認しておきましょう。

自毛植毛の相場

自毛植毛費用相場

FUT法の場合、500グラフト(1000~1500本)程度で50万円ほどが相場。

FUE法の場合、500グラフト(1000~1500本)程度で60万円ほどが相場

CHOI法の場合、500グラフト(1000~1500本)程度で80万円ほどが相場。

ARTAS植毛の場合、500グラフト(1000~1500本)程度で50万円ほどが相場。

スマートグラフトの場合、500グラフト(1000~1500本)程度で80万円ほどが相場。

生え際、M字はげ、頭頂部つむじ周辺のO字型などサイズによっては、70万円~100万円以上という数字も当たり前の治療です。

 

自毛植毛治療の種類と特徴

自毛植毛治療の種類

治療の種類で大切なのは、FUE法とFUT法の違い。

治療の違い

  • FUT法ののほうが傷跡の総面積は小さい(10分の1程度になります)

FUT法に向いている人

  • 大量の植毛をしたいひと
  • 傷跡を少しでも残したくない
  • 1週間から2週間のダウンタイムが許容できる人
  • 切除した範囲の傷跡が残ることが許容できる人
  • 術後の痛みが1から2週間必要なのを耐えられる人

こんな人にはおすすめしやすいです。

FUE法に向いている人

  • AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部からグラフトを採取することに抵抗がない人
  • 一度抜き取った部分から二度と髪が生えてこないことも了承できる人
  • 施術時間が長いことに耐えられる人
  • ダウンタイムが短い方法を選びたい人
  • 術後の痛みの日数が短い方がいい人

 

植毛治療の流れ|予約から経過まで

自毛植毛治療までの流れ

植毛治療だからといって、AGAと全く違うのかと言えばそうではありません。

治療前の流れ

治療前の流れ

  1. ネット又は電話にて予約
  2. 予約日時に来院
  3. 問診票やカルテの記入
  4. 医師による診察、カウンセリング
  5. 契約書、同意書等の記入
  6. 検査、デザイン

この流れで手術に至ります。

治療から帰宅までの流れ

自毛植毛治療後すぐ帰宅

  1. 消毒
  2. 麻酔
  3. ドナー採取(自毛を部分的に切除)
  4. 株分け
  5. スリット作成
  6. 移植
  7. 最終確認

基本的には、デザインなどはマジックで頭皮に記入しますのであまりよくわかりません。

麻酔や消毒も表皮をスプレーなどしてもあまり効果がない部位です。

基本的には、生え方の密度とスリットを入れるまでの流れが重要です。

痛みや密度などいろいろな点できになることがあれば、手術室に入ってから出る前に何度でも質問しましょう。

植毛は季節を選ぶのか?

植毛治療の時期

春夏秋冬いつの時期でも治療は対応しています。

しかし、傷の回復や人からの目線対策などいろいろ気になることも多い。

涼しい時期に受けるメリット

涼しい時期

  • 汗によって傷口がしみる等の心配が不要
  • 帽子などにより蒸れる心配が少ない(プライベートな時間)
  • 傷口が乾燥しやすい環境が作りやすい

暑い時期に受けるメリット

暑い時期

  • 血行は良くなりますので傷の回復は早い傾向がある

正直、暑さで化膿するとかそういうことではありません。

寒い時期に受けるメリット

寒い時期

  • 帽子などで傷を隠すことに違和感がない
  • 傷口が乾燥するのが早い

寒い時には帽子を被る習慣のある人は、傷口に繊維が入らないように注意しましょう。

1年を通じて、いつだからダメとか悪いという事ではありません。

参考サイト

Google口コミ