スポンサーリンク



  • haruのシャンプーが合わない気がする!
  • haruのシャンプーが合わない人は対処法があるのか?

こんなことを考えている人は多い。

通販で薄毛、抜け毛のシャンプーを探す人は多くなった。

しかし、合う合わないだけでなく、効果なし(効かない)という声も多いのが現実。

そこで、医療現場でも聞こえてきた悩みについてご紹介していきます。












haruシャンプーが合わない人の特徴

口コミサイトなどを見てもいろいろな意見が出てくるのかと思えばそう多くは出てきません。

2ヶ月程度で辞める人の悩み

  • 頭皮の臭いがきつくなった
  • 油分が多くなってベタベタするという感じになった
  • 髪質が変わった
  • かゆい
  • 抜け毛が増えた

つまりは、油分が多くなったとか脱毛が進行したと感じる人が多い。

洗いあがりの髪質についての悩み

  • ゴワゴワする(ストレートでまとまらない)
  • パサつく

こんな声は多い。

つまりは、髪質にも頭皮にも合っていない。

これが悩みになっていることが多い。

 

髪がゴワゴワするとは?意味と対処法

 

まずゴワゴワするとは、どういう状態なのか?

  • 見た目の質感で硬そうに見える。
  • 違和感、不快感というマイナスのイメージです。

反対の表現では、なめらか、しなやか。

髪質がシャンプー以外の4つの原因

以下の4つには注意が必要です。

  • 髪が濡れたまま放置する
  • 自然乾燥
  • トリートメントの量
  • 髪質に合わないヘアケア商品

順にご紹介していきます。

髪が濡れたまま放置する

お風呂あがりに髪の毛をぬらした後にしっかり髪を乾かさない状態で放置する人は多い。

  • 濡れている状態は、髪に良くない。
  • キューティクルが開きやすい
  • 雑菌が繁殖しやすくなる
  • 髪のコンディションが悪くなる

自然乾燥

ドライヤーを使わない

タオルドライして適当に放置

このような状態にしておくことは、髪が広がりやすくなる。

なぜか?

キューティクルが広がって、定まりにくくなるからです。

雑菌が繁殖する環境とは?

雑菌というのは、湿気の多い箇所に繁殖しやすいです。

髪も身体も汗をかいてじめじめした環境を放置していると手や足の指でも菌が繁殖して皮膚疾患になることもあります。

頭皮では、フケが多くなる等の変化を感じる人がいます。

トリートメント量に多い誤解

適量以上の量を使うということは、その髪に対して、余分な膜を作ることになります。

当然、乾燥やダメージも気になるのはわかります。

しかし、その保護をしようとして体や手でもボディクリームやハンドクリームを大量に塗るとべたついたり皮膚呼吸がしにくい環境になってしまいます。

同じように、頭皮に負担を与えることを考えておくことが大事。

髪質に会わないヘアケア商品

  • 人気商品
  • 流行やトレンド
  • 注目

こんな言葉に翻弄されて商品を選んでいる人は多い。

ブラシや頭皮マッサージグッズ等もよくあるのですが、基本的に髪質や頭皮環境がよくわからない状態で自分の好みやフィーリングで商品を選ぶことは良くない。

なぜか?

そもそも髪に必要な成分や良い方法と言われていても頭皮の硬さや柔らかい、硬い等の毛質の問題からしっかり知っておくことの方が大切なのです。

その答えを知らないままなんとなくの商品選びをしていると結果的に自分の髪には合わなかったという悩みになることは多いのです。

ではどうすれば自分の髪質を知ることができるのか?

 

遺伝子に合わせるオーダーメイドシャンプー

自分の髪に本当の意味で合うシャンプーを探すために必要なのは、遺伝子検査。

遺伝子を知ることの重要性

男性のハゲや薄毛の原因の一つにも含まれるのが遺伝の関係。

まずはあなたの髪の悩みの根本的な原因を探る。

これがわかっていないと結局はどんなシャンプーを使用するべきかの答えはわかっていないのです。

  • パサつく髪
  • 抜け毛
  • ボリュームや髪質

この根本的な原因を遺伝子レベルで検査してもらう。

その上で、自分に合うシャンプーを調合してもらうのです。

この考え方を可能にしたのが、

あなたの遺伝子に合わせたオーダーメイドシャンプーを提案!『遺伝子博士』×ぴったりシャンプーコース
遺伝子検査とシャンプー

まずは自分の髪の本質的な問題を解決するようにしましょう。