スポンサーリンク



「はげ治療には保険が適用されるのか?」「病気ではないのか?」

これから薄毛の対策や対処、改善などを検討する人に伝えたいことをaga治療体験者がご案内しています。

  • 薬の処方には保険が適用されるのか?
  • どんな人になら保険が使えるのか?
  • 無料相談のクリニックなども同じなのか?

まずは確認しておくべき情報をご紹介しています。









はげ治療と保険適用の可能性

はげ治療と保険適用

スポンサーリンク



私は皮膚科等にも相談に行ったことがありますのでその経験を活かして今回の記事をご紹介していきます。

かかる治療費も同じではない

保険適用というと、自己負担が少ないから安心して病気になった時にも治療を受ける事ができると思っている人は多い。皮膚科の中には、男性型脱毛症(aga)治療をクリニックのサイトに掲載している場所も多い。

しかし、実際に診察を受けて、薬の処方を受けた時にはかかる治療費は病院にもよって異なります。

例えば以下のような内容が異なります。

  • 処方する薬の種類が異なる(プロペシア等の全額自己負担の薬しか扱わないこともある)
  • 塗り薬等の処方する日数が異なる
  • 初診料などの診察に費用がかかることも多い

このように同じような育毛の薬やヒスタミン剤などを処方してもらう時にも確認すると少しずつ費用が異なることもありますので注意が必要。

皮膚科での男性型脱毛症治療

一般の皮膚科等でも男性型脱毛症の記載があれば、保険の対象になると思っている人は比較的数多くなっている。それまでは保険の対象にならない治療なんて受けたことがないという人にとっては、窓口で数千円を支払うということになぜ?と思ってしまうことのほうが多いのではないでしょうか?

でもこの金額はあくまで一般の保険適用の治療対象ではないことを行う場合には良くあることです。

例えば、交通事故などでは、最初の通院には全額自己負担のケースも多くなります。ほかにも予防のために相談をするインフルエンザ等も違いますよね。

このように、あくまで保険適用とは全く異なる通院には、全額自己負担で薬を購入するということがあります。

薄毛治療は予防の分類

aga治療は、一般とは違い自分の希望に基づく治療。髪が薄くなる前に脱毛の進行を予防したいという内容を相談している状況です。そうなると、出せる薬も非常に数がすくないし安く済ませるということは難しい内容になります。

 

はげ治療は保険適用外を前提

はげ治療は保険適用外

皮膚科がだめなら、無料の診察カウンセリングで説明を行うクリニックはどうでしょうか?

この分野のクリニックでは100%保険対象外を前提としているケースが多くなります。

健康保険の受診不可

東京、大阪、福岡等の都市部で行う治療でも関係ありません。実際に自分の症状などを診察してもらうのは無料ですが、薬代はその分高額又は保険適用の皮膚科と同じ程度になることも多いです。

診察、診断、カウンセリングは無料。これが主に自由診療を行っているクリニックが掲載している主な説明です。

 

はげ治療の種類を知っておく

はげ治療保険適用外の種類

自分や家族が調べてくれている状況の中で目にしている多くは、保険を使わないタイプの治療だと思います。もちろんその金額も全てどこでも同じということではありません。ではどこで相談を始めることが値段が安く済むのでしょうか?

大きく分けるポイント

保険を使う使わないという内容から少し視点をずらして考えてみましょう。

  • 髪の毛の量を増やしたい
  • 抜け毛を止めたい
  • 基本的に自分で始める対処法が知りたい

この3つで方向性はかなり違ってくると思います。

髪の毛の量を増やしたい人には、増毛等のサービスで無料の説明を受ける事をおすすめします。

抜け毛を止めたいと思うなら、基本的に保険が使えないプロペシア(フィナステリド錠)またはザガーロ(デュタステリド錠)の処方を探す。

基本的に自分で始める対処法をなら、自分の髪をある程度知ってくれている美容院などに相談するのも1つの方法。

軸が大きく違うのです。治すというのはあくまで髪が増えていればよいのかそれとも抜け毛を減らすのか?それとも毛髪を医療の力を使って正常化させる働きを求めるのか?

これだけの違いがあります。

ジェネリック医薬品も保険対象外

基本的に、薄毛の薬と言えば、大半が保険適用外と言えます。悩んでいるのが価格ということであれば、ジェネリック医薬品を探すことは可能ですが、いずれにしても全て自己負担なのは変わりません。

 

私がたどり着いた治し方

はげ治療保険適用外のサービス

  • プロペシア(フィナステリド錠)
  • ザガーロ(デュタステリド錠)
  • ミノキシジル(血管拡張成分)
  • 脂肪肝細胞使用の注射等を行う毛髪再生治療(harg療法等)

上記のような治療を私は経験してきました。高額なものは80万円以上というかなりリスクも大きくなるような額を半年という間で払ってきました。

でもその結果でかなり良くなったなら写真などで見ていただきと思うような話です。でも実際にはその値段を出した価値を今改めて判断すると正直無駄だったと思うのが結論。

今の自分がこれらに治療に興味を持ち始めている人が相談してきたら正直すすたくないし、むしろ止めたい。

なぜか?

どこまでいっても結果的には、ずっと自分の目にする景色が同じだと思ったからです。

一過性でよくなったと分かり安心しているとすぐにまた元に戻っていく。

どんな種類の薬を使ってもいつも同じだった気がします。

だからこそ、これから相談をする人には、こう伝えたいのです。

「治すというよりも見た目をどう維持するのかのほうが大事ではないのでしょうか?」

老若男女問わない悩み

10代の若者から60代70代の男女まで自分の髪を取り戻したいと悩んでいる時代です。別に薄いなら薄いそのままでよいと思っている人もいる。

家族に協力してもらって、必死にお金をかき集めたような人もいるのだと思います。

でもこのとき求めているのは、全て見た目にわかる結果。

だったら、少しでもその場ですぐに変わる方法を手に入れるほうが満足度も家族の評判も良いのではないでしょうか?

知っておくべき関連サービス

・かつらとは違う

・見た目にかなりわかりやすいわけではない

他人の目に入った時、怪しいとかおかしいと思われないような髪型を作るために私が今取り組んでいるのは、増毛サロンに通うという選択肢。

さまざまな治療を受けて結果として少しでも見た目に自信を取り戻したいと思ったら最後にかかる値段は何か?

この答えは、美容院代でした。ただ髪があったらそれでおしまいではありません。きちんと髪をセットして清潔感を意識するはずです。おしゃれに敏感な人は人気のヘアワックスなどを使用して整えたいと思うことも多いと思います。

そういう希望があったら、全て美容師にお願いしなければいけない人はどうすればいいのでしょうか?髪のセットを含めたサービスを探すほうが良いということになりませんか?

・内服薬などにお金を使わない。

・副作用を心配しない

・抜け毛を抑えるなどを考えない

・過去の自分の写真と比較しても変わったと思える

こういう条件を意識するなら、カットなどの施術を受けて1回分を考えたら安いんです。

これから髪にいくらかかるのか?こんなことを考えたら、正直ハゲ治療はかかり過ぎたと思った時の見た目の変化が割に合わない。

だったら高くても良かったといえる方法を探すほうが自分が納得できると思いませんか?

私はもう薬の飲み合わせとか食べ物制限なんて悩んでいる時間から解放されたことも含めるとかなり自由で新しい人生になったと思っています。

あなたがどうしても治療を受けたいと思っていないで悩んでいるなら、まずは無料相談をサロンでも受けてみることをおすすめします。

結果で言えば、何も検査を受けないでも髪型をつくってくれるほうが想像以上に気が楽だと思いますよ。