スポンサーリンク



  • ミノキシジルタブレットを生えたらどうなる?
  • 生えた毛も完全に元の状態に戻ってしまう?

aga治療で効果とその後の変化が気になる人向けの情報を解説しています。

結論から言えば、ミノタブをやめたら以下の結果に該当する可能性が高い。

  • 発毛育毛効果を実感している人は、効果は終わる
  • 生え際、頭頂部の薄い部分が生えてきたと思う人は効果が半減する

こうした変化は起こる可能性が高い。

このサイトは、M字ハゲのaga治療体験者が気になったことを公開されテイルデータなどを含めて情報を共有する目的で運営しております。

今回の記事では、ミノタブやめたらどうなるか?を解説していきます。












ミノタブやめたら効果も消えるのか?

ミノタブやめた体験記

スポンサーリンク



今現在効果を実感している人もいる。

この場合でもさまざまな事情で一時的にやめたいと思うこともあります。

  • 金銭的な事情
  • 通院が困難になるケース
  • 継続することに疲れた時

でもやめたらまた治療期間中に手に入れた髪がまた元の状態に戻るのか?

やめたら戻る

やめたら

クリニックで処方された薬を服用している場合も治療前の無料の診察やカウンセリングではこんな説明を受ける。

服用を継続する必要があります。

あくまで、改善をしたらやめられるという前提で処方が行われていない。

これが重要。

副作用はどうなる?

ミノタブやめたら副作用はどうなる

以下のような悩みをお持ちの方もいらっしゃいます。

  • 抜け毛の量が前より増えた
  • 改善をしている様子もない

髪のハリやコシを取り戻すという効果や改善の実感がないまま数ヶ月が経過。

こういう私と同じタイプの人には、飲み続ける価値も感じない人はやめたら徐々に抜け毛の量が元に戻るということもあります。

悪化している気がすると思う人はまずは悩み続けるよりもいったんやめたほうが精神的にも金銭的にもストレスが解消される可能性があります。

フィナステリドは代替品ではない

フィナステリドだけ

勘違いをしている人が多いと思うのは、フィナステリドの効果との混在。

フィナステリド 抜け毛の抑制
ミノキシジル 発毛育毛効果

それぞれの薬の結果について、対象の内容が異なります。

AGAクリニックで処方を受ける際にも同じような説明を受けると思います。

知恵袋等の口コミでも戻った人は多い

口コミを調べると、いろいろな情報が出てくる。

ページ下部にリンク先を紹介。

Twitterでも同じような声は多い。

3ヶ月経過

一度やめて再開した人の声

副作用は落ち着く。

しかし、効果のあった対象も失われる

これがわかりやすい変化と言えるのではないでしょうか?

 

ミノタブ服用中止以前の疑問や注意点

疑問

育毛や発毛の効果を期待して飲んでる人は多い。

そのためにわざわざクリニックで相談して処方を受けてるなんて人も多い。

でもその考え方本当に大丈夫でしょうか?

ミノキシジルタブレット効果なしの人が見るべきデータでもご紹介しています。

育毛剤の選び方

育毛剤の選び方

2017年に皮膚科学会で発表されたデータがあります。

もしこのデータが今も有効なら正直、使用は止めたほうが良いということになります。

育毛剤は、塗る薬。

この考え方がおすすめという結論になっている気がします。

商品が増えて、個人輸入などの方法を使う人も増えている。

しかし、皮膚科学会の報告や情報を一度きちんと読んだら正直タブレットはおすすめできない。

むしろ、高い費用を払っているだけで結果として一番損をする事に力を入れているような気がします。

内服薬はダメ?

ミノタブはおすすめしない

  • 初期脱毛が気になる

この表現を気にしている人が一番多い気がします。

私自身もこの副作用に悩まされた経験者。

今までにはない抜け毛の量を目にした時には本当に怖くなった。

自分の体と成分が合わないせいなのか?

こうした質問を医師に尋ねても結果としては、様子を見るという経過観察になってしまう。

試しに使ってみようかな?

軽い気持ちでいるなら、正直結果が出る場合でも少し冷静にリスクも含めて考えておいたほうが良いと思います。

副作用のリスク

副作用のリスク

ミノタブをやめたい人の中には、下記のような副作用を体験したことが理由という声も多い。

  • 動機がする
  • 手足がむくんだ
  • 太った
  • 初期脱毛がひどかった
  • 手足にムダ毛が増えた(多毛症)

結局、自分の求めていない効果はあったのに、本題となる髪の増毛の実感がない。

これでは何のために飲んでいるのかわからなくなってしまう。

薄毛のために服用を開始した。

その結果、服用後しばらくは、副作用が続く。

これは、想像している以上に、精神的なストレスになる。

aga治療を受けるべきなのか?

aga治療をするべきか

男性でも女性でもこの結果を自分の中で「仕方がない」と納得できるかと言えば、そうではないと思う。

内服薬【飲むタイプ】も外用薬【塗るタイプ】も続けていく必要がある。

この点を意識して服用を始めたら、今までになかったことが出始めた。

これは、2020年2021年でも同じような事を悩む人がいる。

実際には、多くの人が改善しているのかもしれない。

でも必ずしもそういう人ばかりではない。

実際には、他の副作用にも悩まされているけど言わないという人もいるのかもしれない。

男性型脱毛症の治療のためにそこまでのリスクを背負うべきか?

そんなことを考えるくらいなら、最初から何もしないほうが楽。

こういう考え方も大事になってきたのではないでしょうか?

 

薄毛治療継続の判断ポイントと注意点

ミノタブを続ける

自分には効果があった。

血管拡張成分がはいっているとかそんなことは自分が使っている上では判断ができ前ん。

成分等が自分の体に合っていると思う人はあくまで継続する意味も価値もあると思います。

効く人も注意すべき

長期継続のリスク

確かに効果があった。

こう思っている人もあくまで一時的な経験の可能性もあります。

やめたらもとに戻ります。

この通りに副作用も元に戻る。

今はよくてもその後はどうなるのかは未知数。

なので、判断が非常に難しいということだけは認識しておくことを私はおすすめしたい。

日本皮膚科学会の発表データも確認しながら、本当に推奨されるべき薬はどれなのか?

実際に治療を行った患者さんの中には、どういう悩みを抱えている人がいるのか?

そして、なぜこのような事態が起こったのか?

こうしたことを今後自分自身が体験する前に使い方だけでなく、費用的な負担も含めて考えておく必要がある。

コロナ禍でストレスが増大する中、自己責任という言葉が重くのしかかっていると思いませんか?

やめるリスクと髪の維持

薄毛対策とかハゲ対策をずっと見ている人の中には、こんな声も目立つようになってきた。

いろいろ読むうちにある程度の知識は得られた。

でもフィンペシアやデュタステリドの個人輸入関連の商品で何とかなってる人もいる。

だったら、あえてクリニック関連の情報が無くても良いのでは?

確かに個人ブログの中には、個人輸入の薬でも髪の毛が改善したという人もいます。

一方で、薄くなったという声もある。

もう疲れた!が最大の理由

結局は、頭皮環境をチェックしてもらっても意味がない。

こう感じている人の背景には何があったのか?

育毛剤とかシャンプーとか使い続けていても効果が実感できない。

そんな時、

  • 日々の栄養不足
  • 日々のストレス

これらが原因と言われてしまうと2020年2021年のコロナ禍になったらもうこれ以上無理なのでは?

こんな風に感じる人は多くなった気がする。

結局何が正しいのかすら理解できない。

そして、薬を併用するということは、その分費用もかかる。

今の日本では、ハゲは絶対無理なんて言ってる人は少ない。

所詮、個人差。

だったら、もう無理しなくてもいいのでは?

元々自分からではなく、周りから言われて始めた事。

こういう人たちは、正直リバウンドよりも自分の症状に対して考え方を変えたという事例は多くなっている。

別にそこまでして必死に髪の毛があるないに固執しなくても生きていける。

この気持ちが今のコロナ禍では大事になってきたように私は感じている。

せめてもう少しと思っているなら、ゴールを決めてしまうのも良いと思います。

最後までこの記事をご覧いただきましてありがとうございました。

口コミ参照ページ

体毛の心配をしている人