スポンサーリンク





生え際の部分の髪の毛がどんどん薄くなっていく。

地肌が見えるようになって、生え際のこめかみ部分が、m字にハゲてきた。

こんな進行をm字ハゲという言葉を使って紹介しているサイトが非常に多い。

育毛剤は効果があるのか?

このまま進行してしまうのか?

頭皮が見えていない部分に育毛剤を使えば諸金あら発毛して、徐々に回復するのではないのか?

シャンプーを変更すれば、後退するのを防ぐことはできるのか?

気になる事はいろいろな角度から見えてくる。

しかし、実際にこういう事を気にしている人には何をしても無駄だと体験から伝えたい。

m字はげの兆候についても体験からご紹介しています。

m字はげ兆候

スポンサーリンク




m字はげ兆候はどこから?aga治療体験者の声

m字はげに悩む中学生の親は何ができるのか?

m字ハゲ中学生の対策

m字はげ中学生の親は何ができる?AGA治療経験者が解説

m字はげに栄養素なんて関係ないと感じた体験もご紹介しています。

m字ハゲ栄養素の無駄

m字はげに栄養素は無駄な出費!AGA治療体験者が解説

栄養不足でm字はげになることもない!

偏食家の体験をご紹介しています。

m字ハゲ栄養不足は嘘

栄養不足でm字はげは嘘!偏食生活者のAGA治療体験記

私のサイトは、m字ハゲをアラフォーで気付いた男が実際に以下のような方法を試したのちに、AGA治療を行うクリニックでさまざまな治療を受けた体験をご紹介しています。

治療する前に試したのは以下のような内容。

市販や通販の育毛剤購入。

抜け毛や育毛発毛効果が期待されると言われて試した食べ物や栄養素の摂取。

美容師の友達に勧められてヘッドマッサージや頭皮ケアなどを経験。

いずれにおいても何一つ変化なし。

むしろ初期の頃よりもどんどん進行が気になる状態になっていった。

そこで、agaの専門クリニックに来院して、以下のような治療に取り組んだ。

プロペシア、フィナステリド(ジェネリック)、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)などの内服薬使用。

ミノキシジル塗り薬による育毛剤(カークランド)の処方。

harg療法(毛髪再生治療)

結果的には、抜け毛は改善し、確かに発毛育毛の効果を実感することはできた。

しかし、その後の変化も重要で結果的には、今は進行予防の意味で、飲み薬と塗り薬のみを使っている状態。

男性にとって生え際の地肌が見えてくるm字ハゲは非常につらい。

おでこは人が前から見た時にあからさまに分かってしまう状態。

やはり、印象的にもハゲてきてると思われても仕方がない状態になる。

だったら、何をしておくべきなのか?

今回はm字ハゲになるかどうかをチェックする上で大切なことを治療体験者が以下の項目でご紹介しています。

m字ハゲチェックの基準

m字ハゲチェックの誤解

m字ハゲチェックと予防

自分がこれから先に何を使って、どのような変化を期待しているのか?

そもそもチャップアップとかネット上にある男性の育毛剤ランキングは信用してはいけないという視点も書いてきました。

育毛剤ランキング男性効果は信じるな

男性育毛剤ランキングの効果は嘘ばかり!2019はやめとけ!

悪いことは言わないので生えてこないことにお金を使う意味もない。

使った分は勉強費用にしかならないという理由も含めてご紹介しています。

スポンサーリンク








m字ハゲチェックの基準

m字ハゲチェック

私はagaという男性型脱毛症治療により改善をした一人。

結果的にその他の方法による改善は何も結果的に改善を自分の目で見る事が出来なかった。

こういう経験をしたからこそまず伝えておきたいと思うことがある。

生え際後退の重要なチェックポイント

まずは、前の写真や状態と比較した時、2,3ヶ月かけて生えている髪の毛の量が変わっていないと思ったら要注意!

なぜか?

  • 髪の毛が1ヶ月に1㎝も成長していない現実。
  • 髪が成長しているなら、太くなることが分かる部分である。
  • 元が多い少ないという問題ではない。
  • シャンプーによる影響ということではない。

そもそも前髪が中央と左右で差が出てるという状態は、agaの型に当てはまる典型例。

だからこそ、チェックをするというなら、まずは自分の髪が2,3ヶ月で生え方がきちんと成長しているのか?

この点だけで、正直男性ホルモンの影響を受けているのかを確認できる。

生え際後退のチェックはいつ?

自分の状態はどういう段階なのかをいろいろな口コミサイトなどで見ている人も多いはず。

しかし、単純に段階なんて言葉は個人差があって、何も見分けができないと知るべき。

今の状況から一気に進行したと感じる人もいると思う。

私自信もいつの段階かどこから抜け始めたのかなんてことは正直わかっていなかった。

確認していた時に急にこれはまずい!と思うような状態になってしまった。

だからこそ、チェックがいつから始めるべきかという事はいくら確認しても答えはない。

出来るだけ改善をしたければ、早めに専門のクリニックに相談した方が良いというのが私の体験からの答え。

 

m字ハゲチェックの誤解

m字ハゲチェックの注意点

前髪の次はつむじ周辺だ!

こんな形で次から次にはげてきたという悩みをもつ人も多い。

前髪が指何本分かなんてチェックをしている人もいる。

でもこのような解説は全く意味がない。

生活習慣改善の意味と価値

私自身も生活の改善情報を重要と考えて、以下のような内容をチェックした時期がある。

  • オーガニック、スカルプ、天然成分、エキス配合のシャンプー
  • 食材、ノコギリヤシなどの医薬部外品に紹介されている栄養素
  • 睡眠時間やストレス対策

セルフチェックなんて言葉を大切にしても結局は少しもよくなる気橋すらない。

そして、自分が脱毛症の可能性を認めたくないという気持ちから必死にセルフで工夫することを考える。

人によっては、生まれつきだからと思いこもうとするタイプもいる。

しかし、結局は毛髪が年齢とともに細くなっていく事や生えるサイクルが遅れるという事は単純に男性ホルモンによる影響を考える事が大切。

5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素のはtら器は結局頭部の頭頂部、生え際の2ヶ所の本数を時間の経過に伴い影響をさせていく。

薄くなっていく過程は、速度の違いがあるかどうかだけ。

結果的になんとかエキスとか薬用のシャンプーなんて無意味。

正しいという言葉の中に自宅で始められることで治るなら、そもそもプロペシアなどの薬を使う必要がない。

頭皮マッサージなども放置と同じ

最近、自分の顔や体のあちこちを個人がマッサージをする方法を紹介しているサイトも増えている。

場合によっては、何か商品を購入して自宅で実践している人もいる。

しかし、こうした方法も結局何もしないこととと同じ。

ハリやコシの改善すら実感ができない。

こういう事も薄い部分にいくらやっても何やっても無駄。

ちょっとやそっとの簡単なケアではっきりわかる変化があったと言えるなら、それは単純に老化による変化の場合と言える。

自分の食事で食べる量は年齢に伴って減っていく。

しかし、運動量も減っていくのだから、ちょっと食事の量が落ちたとしても消費カロリーと摂取カロリーのバランスではちょうどよくなる。

このような環境の中で、徐々に栄養の欠落があったとしたらどうなるのか?

この答えは、髪の本数が減って薄い状態になることではない。

つまりは、一番が食事とか栄養なんて考える事そもののが無意味というわけです。

改善する方法の選び方を自分勝手に決めた状態からは、後でこんな言葉を口にすると思った方が良い。

「全額返金保証のタイプを使ても結局お金が返ってきても髪の毛が元に戻るわけでもない」

「むしろ残るのは、ストレスだけだ」

このような感じになってしまう可能性が高いという事をまずはどんな金額であれ、自分の中でしっかりと意識をしておくことが重要。

 

m字ハゲチェックと予防

m字ハゲチェックと予防策

自分がこの先、女性から何か指摘をされてしまう可能性は?

自分の髪を取り戻すために必死にお金を使った分は目で見える変化をもたらすのか?

こんな風に考えているなら、私は経験から少しでもしっかり治療を受けるべきと伝えたい。

m字ハゲチェックは特徴で決定

毛髪の状態はサロンなどで診てもらうことも意味がない。

チェックという言葉の先に皮脂とか脂なんて言葉はクリニックのチェックを受けた時には言われていないからだ。

そもそもスコープを使ってチェックを受けた時にも、結果的には生活の改善を求められることも無かった。

一定の質問事項に答えただけでAGAの基準に該当するかどうかを確認された。

この答えとして、治療薬の服用や処方により改善の可能性があるとされた場合は、AGAだ。

こうなってしまえば、いくら自分がしっかり何かに取り組む努力をしようと思っても薬とは到底同じとは言えないような無駄な努力の程度でしかない。

ミノキシジルでさえ、通販や市販と処方を比べれば効果できちんと生えてきたがわかるような状況になる。

産毛や今ある髪の毛のハリやコシの改善も含めてきちんと悩みの解消につながっているのかを確認できる。

いきなり植毛は早い?

最近は男性型脱毛症に対して、生え際に植毛を受けている人もいる。

もちろんこういう方法も良いと思います。

しかし、私は当時営業職をしていたので、どうしても他人との顔を合わせる機会が多かった。

だからこそ、必要以上に傷や腫れなどを持つような可能性があることは避けたかった。

さらに、治りかけていくときにかゆみ等に大きく違いが出る。

こうした経過関連の中でもきちんと自分の仕事に対しての情報と照らし合わせて治療を検討する必要がある。

まずは自分一人で悩むのをやめて、ある程度は覚悟を決めて、健康の管理を含めてきちんと医師に診断をしてもらうことが本当の意味で大切なのではないでしょうか?




スポンサーリンク