スポンサーリンク





m字はげの改善に効果のある栄養素なんて言葉がネット上にも広がってる。

頭皮ケア

育毛剤

スカルプ系シャンプー。

食生活改善や生活習慣の見直し。

こんなことを必死に探している男性がまだまだたくさんいると思う。

私も実際に30代後半で生え際の後退を実感。

m字はげに気が付いて、必死に自分で自宅でできるケアを実践した時期があった。

でも結論を先に言えば、何をしても無駄!

そもそも市販、通販の商品で髪が治るなら、専門のクリニックの薬はいらない!

この答えに自分がAGA治療経験者となって、薬だけの対策を実践して痛感した。

これまでにもm字はげについては以下のような内容を書いてきました。

m字ハゲチェック

スポンサーリンク




m字ハゲチェックはどうすればいい?aga治療体験者の声

m字はげの兆候とはどんな状態なのか?

m字はげ兆候

m字はげ兆候はどこから?aga治療体験者の声

m字はげに悩む中学生の親は何ができるのか?

m字ハゲ中学生の対策

m字はげ中学生の親は何ができる?AGA治療経験者が解説

栄養不足でm字はげになることもない!

偏食家の体験をご紹介しています。

m字ハゲ栄養不足は嘘

栄養不足でm字はげは嘘!偏食生活者のAGA治療体験記

私のサイトは、m字ハゲに悩む男性に血行促進とか栄養バランス、ホルモンなんて原因ばかりにとらわれている生活を辞めてほしい。

通販に頼っても結果的に得るものが何もないと実感した体験をもとにご紹介しています。

これまでに私も以下のような関係の経験をしてきました。

市販や通販限定の育毛剤や育毛シャンプー、スカルプ商品などを購入。

美容師の友人に勧められて、購入したシャンプー、コンディショナー、トリートメント。

さらに、ヘッドスパや頭皮マッサージなどを受けた経験。

会社の上司から食事に気をつけることを言われて栄養素などに注目した改善。

こんなことを半年以上続けたのに、何も変わらない。

むしろ進行しているとさえ感じ続けた中で結果的にAGA治療を専門に行うクリニックで無料カウンセリングを受けて治療を受けた。

プロペシア、ザガーロ、フィナステリドジェネリックなどの内服薬(飲み薬)の処方、服用。

ミノキシジル塗り薬(カークランド)やミノキシジルタブレットなどの飲み薬の服用。

パントスチンと言う塗り薬の抜け毛治療薬使用。

harg療法(毛髪再生治療)による発毛育毛治療。

今では食事にも何も気を遣う事もない。

血行促進とかヘッドマッサージなんて商品すら何も見る必要がなくなった。

この体験を活かし、今回の記事では、m字はげについての栄養素なんて無駄と思えた内容を以下の項目でご紹介しています。

m字はげ栄養素は嘘の根拠

m字はげ栄養素不要の生活

m字はげに栄養素は失敗

結果的に、自分の髪の育毛はどうすれば成立するのか?

頭皮ケアなんて言葉に必死にしがみついても何も得るものはない。

むしろ、お金を垂れ流し、結果多くの生活を犠牲にするだけ。

そんな環境にどこかで納得しているなら、私は止めたい。

スポンサーリンク








m字はげ栄養素は嘘の根拠

m字ハゲ栄養素

今の私の生活環境がそもそも栄養素なんて摂取するもしないも関係ないと思える根拠になっている。

不規則で偏食的な生活でも髪は保っている

私も昔は、血行促進などの成分やアミノ酸、タンパク質、亜鉛などに注目していた時期がある。

しかし、そんなこと言われて結果的に仕事をしている環境なら当然誰もが簡単に自分で購入してこれるような環境ばかりではない。

  • 納豆なんて朝から食べて口臭ケアが心配になるのも怖い。
  • 大豆多く含むなんてこと言われても不足している基準もわからない。
  • バランスよく食べるなんて無理。

こんなことを感じながら自分の健康を意識することは重要だと思いながらも今の生活を優先する必要がある。

はげ対策なんて言葉にとらわれていた過去の生活と今はどう変わった?

この答えは、単純に便利で手軽で満腹感がある。

これが今の私の仕事の環境にはとても重要なキーワード。

簡単に言えば、インスタント系食材が大切と言わなければいけないような食生活を送っている。

しかし、AGA治療薬を使っていたら、抜け毛も別に増えない。

普通に薬が働きかけてくれている。

こんな状況になって感じたのは、むしろ食事を用意する方が食費がかかって家系的に大変という言葉だった。

 

m字はげ栄養素不要の生活

m字ハゲ栄養素の無駄

ビタミンやらアミノ酸、タンパク質なんて正直毎日考えて生活できる人はうらやましい。

髪型を作るのも毎日の仕事の日課。

身だしなみとか清潔感。

こんな言葉に必死に自分を作るようなことをしている中で、さらに余分な対策的生活を送るのか?

私からしたら治療を受けた後の方が食生活のストレスから解放されたとさえ感じる。

自分自身が思い込むことの怖さ

はげていくのが怖いと思うようになったら急に髪の毛を作る成分や作用を気にし始める。

食品や食材を今も何を選ぶべきかチェックしている人も多いと思う。

でも結局は酵素とか栄養素なんてことを言われたところで効く環境は食品に依存した状態ではない。

その栄養を今の自分の体がどう習慣としてコントロールして蓄積して処理をしているのか?

これが生えていくまでの数ヶ月ずっと続く体内環境が重要。

そのことに気が付くと、結果的に食品に悩んでいる時間の方が気になると私は感じる。

イソフラボン、ビタミンb2、ミネラル、牡蠣、卵、野菜。

何でもいいけどこんなことにいちいち意識を向けて自分で食事選んで本当に食事が楽しいのだろうか?

食べたいと思う意識を無視して、基本は何のサイトだかわからないような情報を鵜呑みにする。

そして、芸能人などが出てる商品に質が大丈夫かなんて根拠もない事を必死に悩む。

こんなことをして何が楽しいのだろうか?

特にサプリメントと呼ばれる商品に依存している人はかなり損をしていると思う。

結果的にサプリメントは、あくまで補助食品。

元は自分で基本をきちんとしていなければ、増えることも運ばれることもないという現実をもっと知るべきだと思う。

男性型脱毛症の治療において、結果として私が治療後に一番意識したのが、自分が食べたいものを素直に食べる。

これが、ストレス解消の基本だと思って今もなお生活している。

 

m字はげに栄養素は失敗

m字ハゲ栄養素とAGA治療

毛根?毛髪?髪のハリやコシなどの質を維持する?

なんだかどんどんわけのわからない商品が増え続けている日本のネット市場。

正直大丈夫か?と思ってしまう。

結局意識を薬に向けたくないから、もとt簡単に自宅で栄養を取り続けることで治るなら簡単。

こんなことを考えているなら、正直基本的に失敗前提と思う必要があると私は体験から伝えたい。

意識が傾くとその先は疲れしかない

自分自身がいくら生活の中での食品にチェックしていってもどう考えても食材をいつでも簡単に手にするようなことはない。

  • 季節の違いはどうすればいい?
  • どう調理する?
  • 何をどのくらいの量で食べる?

栄養士のような人でも実際に自分で食卓に用意するのは簡単なことではない。

それなりに調達先を確保して、チェックしてから使う必要がある。

単純にこんな意識を私たちが行う事は無理。

そもそも回復に必要なこと?

私はクリニックから処方された薬を使用する以外には血流とか結構改善なんてことは一切チェックしていない。

食べたいように食べて、体に悪いと思って過剰摂取という時期があってもその食材がほしいと思えば食べる。

こういうことをしていても何も症状が悪化しない。

これが個人差と言うなら、全て同じだと思う。

本当に必要と思ってる状態に対して予防の意味も価値もないと。

チャップアップなどランキングに使用されている商品の多くも嘘ばかり。

育毛剤ランキング男性効果は信じるな

男性育毛剤ランキングの効果は嘘ばかり!

もっと一つ一つの情報にどんなことが隠れているのかを知らなければいけない時代になってきたと思う。

副作用や効果を十分に調べて、自分が安心をしたら行動を起こす。

こんなことを気にしてスマホを使って毎日何かを調べている人も結果何にたどり着いた?

自分の見たいものを見て好きに解釈して、自分が本当にやりたい方法だけを取り入れて効くのを待っていると思う。

こんなやり方がはげ対策なんでしょうか?




スポンサーリンク