スポンサーリンク



  • 前髪を切りすぎた
  • 早くロングにヘアスタイルを変えたい
  • 髪が薄くなった、なかなか伸びない

こんな悩みを抱えている方が多くなりました。

髪の毛は、正常なサイクルであれば、細胞分裂により、生成されている。

つまりは、早くするというメカニズムは、科学的にも根拠がない。

髪の毛を早く伸ばす悩み関連記事一覧

髪の毛を健康にするために必要な栄養素

髪の毛を早く伸ばす食べ物|本当に必要な栄養素と代表的な食材を徹底解説

髪の毛を早く伸ばす方法

髪を早く伸ばす方法|一週間は無謀な根拠と正常な成長

今回の記事では、髪の毛を早く伸ばすマッサージ方法について、以下の目次でご案内しています。

髪の毛を早く伸ばすマッサージはない!健康維持のため

髪の毛を1日でも早く伸ばすコツ

日常生活の改善と組み合わせが重要











髪の毛を早く伸ばすマッサージはない!

髪の毛を早く伸ばすためのマッサージ

髪のためだけではありません。

血流改善は、体にとって、弊害が多い。

  • 偏頭痛
  • 肩こり
  • 眼精疲労
  • 耳鳴り
  • 冷え性
  • 首の凝り

などさまざまな体調不良を感じている人も多い。

そういう人に試してほしい方法をご案内しています。

お風呂でできる簡単なやり方

お風呂でデキるマッサージ

  1. トリートメントを髪につける
  2. 両手の指の腹で生え際に円を描くようにゆっくりマッサージ
  3. 少しずつ頭頂部に向けて指を移動する
  4. 後頭部付近に到着したら、再度生え際に戻る
  5. こめかみ、もみあげなどから頭頂部に向けて同じように行う

頭皮マッサージはどんな人におすすめ?

  • 血行不良を感じている
  • 乾燥している気がする
  • 紫外線によるダメージが気になる
  • 疲労が溜まっている
  • ストレスが溜まっている
  • 緊張状態が続いた

こんな時には、顔のたるみを含めて、ヘッドマッサージは有効です。

振動圧刺激の原理

原理

アンファー株式会社と日本以下大学形成外科との共同研究により、振動圧刺激により惹きこされるカリウムイオンチャンネルの開港イメージング画像が世界で初めて成功した。

2021年には、ヘアメディカルグループより、ホームケア用デバイスが発売される可能性も出てきた。

近年は、異常気象の影響により、頭皮ダメージが例年以上と予想されている。

この原理は、ミノキシジル投与における相乗効果を期待している。

しかし、単体で考えても、振動圧を加えたことにより、発毛が見られたという結果が公開されている。

 

早く髪を伸ばしたい人が知るべきツボ

東洋医学

東洋医学の分野における「ツボ」は初心者でもわかる場所がいくつもあります。

代表的な存在をご紹介していきます。

百会(ひゃくえ)

「百会」は、頭のてっぺんにあるツボです。

左右の耳孔を結んだ線と頭の正中を通る線と交差する点に取ります。

天柱(てんちゅう)

天は、頭部を意味する。

柱は、支える意味。

文字通り頭を支える首の筋の部分です。

後頭部から首の筋の入り口部分をつまむだけでもかなり気持ちいいです。

ツボの押さえ方

ポイント

  • 5から10秒ほど押さえます。
  • 一旦離します
  • もう一度押す

この繰り返しを5分から10分程度を目安で行うことがおすすめです。

 

日常生活の改善と組み合わせが重要

日常生活

  • 食生活
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 血行不良
  • 運動不足
  • 遺伝
  • ピル

順にご紹介していきます。

食生活

抜け毛の薬と食生活体験記

10代のうちは、お腹もすきますし、食べる量も一気に増えたという声も多いです。

しかし、栄養の偏りにより、不足しがちな栄養素も心配です。

摂取しておくべき栄養は、和食を中心にしてくれたら非常に簡単に節約できます。

和食中心にシフト

和食

髪に良い食生活を心がけるのは決して難しい事ではありません。

市販のスーパーやドラッグストアでも簡単に購入できる食材は数多く存在します。

代表的なのは、以下のような食材。

髪に良い食材 豊富に含まれる成分
納豆、豆腐等 イソフラボンが豆腐に含まれている
梅干し、するめ、チーズ等 亜鉛を豊富に含んでいる
海藻類、野菜、果物 ミネラルの中でもカリウムが豊富に含まれている

髪は体の中で生成される。

つまりは、体の外側から必要な栄養を補充することが大切。

タンパク質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、亜鉛など三大栄養素や五大栄養素のカテゴリーに入る食材が対象です。

決して特別な食材ではありません。

別に人気のサプリなどを買う必要はないのです。

ドラッグストアや近所のスーパーで購入してくれば大丈夫です。

おすすめできない食事

ジャンクフード

  • ジャンクフード
  • 塩分、油分の多いメニュー
  • 塩分や油分は、年齢問わず体に負担を与えます。

揚げ物やラーメン、ファストフードやコンビニ弁当は手軽で美味しいです。

でも食べすぎると、血行を悪化させる可能性もあります。

適宜という表現がありますが、基本的には偏食にしないことが大切です。

睡眠不足

睡眠不足

  • 部活
  • アルバイト
  • 塾通い

高校生の日常の生活で欠かせないこともありますよね。

しかし、一方でスマホやゲームのやりすぎは自制できるはずです。

  • 首や手首、手の指への負担が増加
  • 血行不良の影響もあります。

結果的に睡眠時間は取れていると思っていても、睡眠の質を低下させていませんか?

美容の面でもしっかり寝ることはとても大切。

抜け毛の原因にも睡眠不足があります。

ストレス

ストレス

ストレスはゼロということはできません。

コロナ禍で何もなくても自然と不自由な環境になっている時代。

しかし、ストレスは、薄毛だけでなく、さまざまな病気に関係します。

高血圧

コレステロール値上昇

つまりは、血管を収縮させたり血行障害に影響をあたえる。

ではどうすればいいのか?

自分の背負える量をきちんと把握することが大切。

何より、薄毛に対して気にしすぎないことが重要なのです。

血行不良

血行不良

血液の循環が悪くなると下記のような弊害があります。

  • 栄養や酸素が細胞に届かなくなる

貧血を経験している方はよくわかると思います。

頭がボーッとする、集中できないなどの影響も与えます。

つまりは、血行が悪くなることは髪だけでなく、体全体に対して老化を早めるきっかけにもつながります。

ではどうすればいいのか?

運動をする

運動する

10代の間はまだ高校に自転車で通学している男女も多いです。

通学だけでなく、部活動で運動部に所属をしている人はさらに体を動かしています。

こういう環境の人が薄毛に悩むなら、栄養や睡眠の質、ストレスの方が重要です。

しかし、帰宅部や引きこもりに近い生活を送っている人は、せめて体をきちんと動かすようにする。

これも大切な体の健康管理方法です。

頭皮環境を整える

頭皮

頭皮は手と同じくらい日常の生活で露出をしている。

簡単に言えば、紫外線の影響も受けやすい環境になっています。

さらに、毛穴に汚れがつまれば、毛嚢炎などの膿が溜まる症状もあります。

まずは洗顔や体を洗うのと同じようにきちんと汚れを落とし、清潔な状態を保つことが大切。

過剰なヘアケアは逆効果

薄毛について悩む人の多くは、なぜか脂に過剰反応します。

ひと昔前のニキビケアと同じことが起こっています。

以下のような表現は嘘も多いので注意が必要です。

  • 2~3分洗う
  • 泡立てる
  • すすぎは3分以上

こんなことを「数毛の相談を受けた」みたいな自作自演者が紹介しているのでご注意ください。

なぜ嘘と言えるのか?

では美容院の洗髪はどうでしょうか?

  • シャンプーはかなりの量を利用します。
  • シャンプーを手の上で泡立ててお客さんの頭なんて洗いません。

これらは、基本的に水圧がどの程度なのかによって大きく異なります。

つまりは、家庭のシャワーヘッドの種類や水圧により必要なシャンプーの量も時間も異なります。

正直、嘘ばかりのシャンプーや通販商品宣伝記事がコロナ禍で増えてきていますのでご注意ください。

シャンプーは自分に合うものを探す

ヘアケア|シャンプー

シャンプーは市販で十分です。

実際に、頭皮に優しいと言われても、その人によって環境は異なります。

頭皮環境を整える天然成分?

全ての商品になぜ同じように入っていないことに疑問を持つことの方が大切です。

高いシャンプーは効果がある?

これも嘘です。

2021年に返金保証とアミノ酸系シャプーで宣伝が過激になっているのが、haru黒髪スカルプシャンプー。

実際には?

haru黒髪スカルプシャンプーレビュー|効果は嘘ばかり?使っているのは写真だけ?

こんなアフィリエイトもどきのような宣伝に騙されてはいけない。

パーマやカラー

高校生の間にオシャレを楽しみたい!

こういう人がパーマやヘアカラーを楽しむのは決して悪いことではありません。

しかし、似合う方法の前に髪のダメージには配慮することが大切。

長く使いたいなら、上手にカラー剤やパーマの種類も自分に合う方法を探すことが大切です。

他にもタオルドライ等の乾かし方も正しい方法を身につけることが大切です。

参考資料

https://www.nikkan.co.jp/releases/view/65580