スポンサーリンク

ミノキシジルという育毛効果の期待できる成分を飲み薬として探している方に実際に薄毛治療を体験した報告としてご紹介していきます。

ミノキシジルブレットの飲み方について、このページをご覧いただきありがとうございます。

実際に、興味がある方の中には、ネット上で以下のような悩みを抱えている方も多いように見えます。

・いつ飲むのが効果的?

・食事の影響は?アルコールは?

・ほかの薬との飲み合わせは?

このような悩みも私は実際に説明で聞くことが出来ました。

ミノキシジルについては、以下のような内容もご紹介しています。

ミノキシジル初期脱毛はいつまで?m字ハゲ治療体験

ミノキシジル育毛剤副作用は?

ミノキシジル内服薬変わりは何?

私のサイトは、30代で生え際の薄毛(俗にいうm字ハゲ)を経験して、いろいろな治療をしてきた体験から、少しでも真実を伝えてきたいと思いながら運営しています。

今回の内容は、ミノキシジルの飲み方に的を絞って、以下のような内容をご紹介していきます。

ミノキシジルタブレット飲み方の基本

ミノキシジルタブレット飲み方の注意点

ミノキシジルタブレット飲み方より深刻な課題

少しでも、これからミノキシジルの錠剤タイプを検討している方は、実際の治療者の口コミや感想としてもご覧ください。

スポンサーリンク

ミノキシジル飲み方の基本

ミノキシジルタブレット飲み方

スポンサーリンク

ミノキシジルタブレットという存在は、飲む育毛剤という考え方の治療薬。

実際に、市販等ではまず販売している事がありません。

処方用医薬品という分類の医薬品。

実際に飲み方を説明されたときの内容をご紹介していきます。

1日何回飲むの?

1日に服用する回数は1回のみ。

よくあるようなサプリメントなどのように、1日に2回も3回も飲む必要はありません。

1日何錠飲むの?

1日に1錠を飲みます。

この程度の作業なら、忘れない可能性も高いですよね?

しかし、日常の生活リズムがちょっと違ったりすると、意外に飲み忘れたりもしやすいんです。

私が体験した中で、注意しなければいけないと感じたことをご紹介していきます。

 

ミノキシジルタブレット飲み方注意点

ミノキシジルタブレットを処方されていた中で自分でも管理がなかなか大変だと思った事をご紹介していきます。

飲み忘れたらどうする?

1日1回という時間で服用する薬だからこそ、飲み忘れた時というのはちょっと慌てます。

他の時間に飲んでいいのか?

この答えについては、クリニックからこんな説明がありました。

朝服用している生活リズムであるなら、朝に徹底する。

朝飲み忘れた分を夜服用する。

さらに、翌日の朝に服用する。

この時点で、1日2回服用しているリズムになる。

言われてみれば確かにそうですね。

ですから、朝、昼、夜、寝る前という大まかな自分の生活リズムに合わせる事が大切になります。

でもこれだけで、育毛剤として効果を発揮してくれて、m字ハゲが解消されていくなら、非常に簡単。

この考え方にはちょっと不向きだと感じたことをご紹介していきます。

 

ミノキシジルタブレット飲み方より深刻な課題

ミノキシジルの錠剤は、非常に効果を出しているというクリニックも多いようです。

しかし、このミノキシジルはちょっと厄介なこともあります。

ミノキシジルタブレットの問題点1.持続効果

私が将来の事を心配していたのは、継続する治療費。

ミノキシジルのタブレットの効果がずっと持続していくのか?

この点は、正直曖昧だという答えでした。

なかなか安定しない。

最初だけだった!

このような声がかなり多く聞こえてきたそうです。

ですから、ミノキシジルタブレットは、一過性という効果の可能性がある

これが飲み方以上の問題だと私は感じました。

貴方はどう思いますか?

少しでも効果以前の問題で飲み方をまずは理解しておくことが大切ですが、その後の将来も見据えてよく考えてみてください。

私のサイト内では以下のようなコンテンツもご紹介しています。

静岡AGA専門クリニックや病院の選び方

静岡県AGA検査の実態

髪の毛が抜ける原因や本数等治療前の悩みまとめ

プロペシアm字ハゲ薄毛治療体験記

 

プロペシアとザガーロ副作用比較2017

ザガーロ口コミ2017

ザガーロ効果口コミレビュー|m字ハゲ薄毛治療体験記

ザガーロ感想|m字ハゲはプロペシアとどっちが優先?

これまでに紹介したのが、飲み薬、塗り薬。

ココから下はもうはっつ再生治療の体験。

ハーグ療法効果等口コミまとめ

harg療法の効き目はいつまで続くのか?

harg療法の効き目は切れる?2018

少しでも効果、副作用、持続力、費用等気になる内容から順にご覧ください。

このページを最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク