スポンサーリンク



髪が薄い,抜け毛が多いという見た目の変化に伴い、周りの目が気になる。当然、その土地ごとにはげている人の割合が少なければ気にならないという考えk多もある。

では実際に沖縄県ははげない?はげが少ないというのは本当なのか?もし本当だとするなら、どうすれば禿対策ができるのか?

この点をご紹介していきたいと思います。












沖縄ははげない?薄毛調査の実態

沖縄はげない特徴

スポンサーリンク



稲ターネット上で検索をしても「沖縄は禿が少ない」という声がちらほら出てきます。

まずは薄毛を気にする人の割合を全国的に見ていきましょう。

薄毛,髪の悩みが多い都道県

薄毛を気にしない都道府県ベスト3

第1位 岡山県
第2位 京都府
第3位 大分県

薄毛を気にする人が多い都道府県ベスト3

第1位 熊本県
第2位 東京都
第3位 宮崎県

気にする気にしないはまあ人の勝手ですが、もっと大事なのは、今の髪の状態に満足しているかどうか?

この声には特徴がありました。

今の髪の毛に満足している都道府県ランキング

第1位 岡山県
第2位 石川県
第3位 沖縄県

反対に今の髪の毛に満足をしていない都道府県ランキング

第1位 秋田県
第2位 神奈川県
第3位 和歌山県

薄毛の悩みが少ない、多い都道県もあります。

※上記内容は、薄毛発毛サロン大手のリーブ21発毛の日における全国薄毛リスク調査2018における回答。

上記データを見る限りでは、今の自分の髪に満足をしているベスト3に沖縄県が入る事からもはげないとは言えないまでも薄毛を気にしない人の割合が多いとは言えます。(はげても気にしないともいえますが)

ではなぜそんなにはげないと噂されるのか?その背景には薄毛や抜け毛の原因と密接に関係するある特徴がありました。

 

沖縄の人がはげない?3つの特徴

 

沖縄は日本の最南端の島。気候の特徴としても日差しが強いと言われていますが、最も日照時間が長いのは静岡県。

特徴①紫外線対策の徹底

北海道と比較をすると、頭皮環境にも影響があるとされる紫外線量は北海道の約2倍とされています。

このデータから考えると、常に帽子やサンバイザー、日焼け止めによるUVケアを必須としているような感覚。

県民性としてもUVケアを日ごろから行う習慣がある。これも1つの要因になります。

特徴②ストレスが少ない?人柄

薄毛の原因の1つとされているストレス。

コロナ禍となった2020年以降は、ストレスを感じる人は非常に多くなりましたよね。

この時代に、沖縄の人の性格的特徴は以下のような特徴が報告されている。

男性の性格的特徴

  • 陽気
  • 開放的
  • 連帯感が強い
  • 人間関係が親密
  • 大らかな性格
  • よそ者を受け入れやすい
  • 文化やしきたりを大事にする

女性の性格的特徴

  • 明るい
  • 大らか
  • 楽天的
  • 細かいことを気にしない

コロナ禍における仕事がないとかリストラなどの不安が高まる現代視界に沖縄県民は、仕事に対する考え方も特徴があります。

沖縄の人は、金銭感覚もあまりきっちりとはしていない。

どちらかと言えば、無頓着。

さらに、仕事においても、忍耐力が弱い、さらに転職率が高いというのも特徴です。

つまりは、多くのことでストレスを感じながらの生活から自分を守る気質を持っていると言える。

食生活にも大きな特徴がある

薄毛、抜け毛に悩む人には脂っこいものを食べないとかバランスの取れた食生活を心がけるというのがクリニックなどのサイトでも後悔されている。

この生活に対して、沖縄県民はどうなっているのか?

全国調査の結果には、以下のような特徴がありました。

マヨネーズ消費量 47位
清酒の消費量 47位
発泡酒の消費量 1位
鰹節、削り節消費量 1位
寿司外食消費用 47位

ココで注目してほしいのが、お酒はよく飲むけど外食はほとんどしない。

結果的に自宅であまり脂質の多い食事を好まない。

他にも寒暖差があまりないエリアだからこそ、濃い味付けよりもさっぱりした味付けを好む家庭が多いことも特徴といえる。

遺伝的要因

薄毛の原因の一つである遺伝的要素。確かに他の都道府県では両親又は祖父母といった家系的な関係から薄くなってきたのは遺伝の可能性もあると言われている。

しかし、沖縄県の場合、薄毛が少ない,髪を気にしない県として上位であり、遺伝を気にする割合が少なくなっていく。

このようにストレス、食生活、遺伝といった3つの要素を沖縄県は他県ととは異なる習慣の中で生活をしていることもうかがえるのです。

ではこういう傾向は外国人が多いというのも関係あるのか?

 

外国の薄毛が少ない国との関係性

女性の国際結婚割合でも全国1位となっている沖縄県。かつらメーカーの独自調査によれば、成人男性の薄毛になる確率を調査したデータ報告されている。

はげる割合が高い国ランキング調査結果は以下の通り。

第1位 チェコ
第2位 スペイン
第3位 ドイツ

日本は?世界で14位。

全体の成人男性の割合から考えると約26.8%の男性が剥げているという数字が報告されている。

なおこの数字は、アジアではワースト1となっているというから驚き。

この答えから何が見えるのか?

順にご紹介していきます。

日本とチェコの共通点

どちらかと言えば、保守的な性格が共通点と言える。

少しだけ違うとするなら、日本は資本主義に対して、チェコは共産主義。

資本主義というのは、「売上」とか「利益」という響きを強める。

会社の成長を重んじるあまり、社員の扱い方が雑になる。

人を大切にする経営が忘れらされていることを実感する日本ではチェコとは大きく異なる。

つまりは、このストレス化社会かどうかが薄毛の増加と大きくかかわっているとも言えるのではないでしょうか?

ドイツとの共通点

こちらは、主に国民性があげられる。

個人よりも組織や秩序を重んじる国民性がある。

つまりは、社会生活の中でも上下関係等を大事にする国と言える。

薄毛と関係するなら、人間関係のストレスを感じる人が多いのも現実。

スペインとの類似点

食文化の中では、富山県、石川県、福井県等の魚介類が豊富な日本海側の海岸で見られるような食材を利用している傾向がある

余計な手間を加えないシンプルな料理が多い

これだけ見ればよい生活のように見える。

しかし、以下のような特徴もあるのです。

  • 小さいことを気にする人が多い
  • 英語が苦手な人が多い

グローバル化と言われる現代社会において、細かいことを気にする人が多いというのは、沖縄の人柄とは真逆。

さらに、外国人の多い環境において、英語が苦手ということを克服しやすい環境にある沖縄。

こうした環境の違いも薄毛の割合が多い国の特徴として影響が大きいと言えるのではないでしょうか?

 

まとめ

今回の記事を見て、やはり沖縄県ははげないという噂的な情報もまるで根拠がないとは言えない事が見えてくると思います。

  • ストレス
  • 食生活
  • 紫外線対策

これは、日常の生活において、個人の心がけ次第で対策が可能な内容ともいえるのです。

ヘアケア等も注目されていますが、そういう事よりもまずは自分の社会生活でもう少し楽観的に人間関係にも嫌なものは嫌とはっきり言えるようになることが大切。

私自身もそのことをすごく実感しています。