スポンサーリンク



筋トレをすると体によいホルモンが分泌させる!

  • 健康維持
  • 肉体強化
  • 精神面(メンタル)強化

ストレス化社会に生き抜くためには、必要不可欠な内容が盛り込まれている。

男性にとって、コロナ禍になった今だからこそ、筋トレは重要になってきている。

関連記事

サプリメント

スポンサーリンク



テストステロンを増やす目的のサプリメント選び方【成分】

お金を稼ぐエリート

テストステロンを増やす行動のコツと注意点

テストステロンを増やすトレーニング

コンビニやスーパーで買える精力増加効果のあるおすすめの食べ物

治療

男性後年気障害(LOH)保険適用の診断|テストステロン検査方法や費用

男性ホルモン減少に伴う変化

テストステロンは激しい運動をすると逆効果?適度の目安

テストステロンは、男性ホルモンです。











テストステロンの効果・メリット

  • やる気が出ない
  • 前向きになりたい
  • 性欲がなくなってきた
  • 集中力が低下してきた
  • 記憶力が衰えた
  • 健康でいたい

こんな悩みを解消してくれるのがテストステロンです。

やる気が出るようになる

  • 快楽
  • やる気

これらは、ドーパミンの産生が必要不可欠。

そのドーパミンを促す作用があります。

さらに、

  • ネガティブになりやすい
  • 若さがなくなってきた

こんな人には、若さを取り戻すきっかけになったという働きがあります。

結果的には、プラス思考になって、精神状態が安定しやすくなる。

精力が回復する

生殖機能は、精子の生成と性欲のコントロールが関係します。

結局、ホルモンバランスの乱れが原因で、精力の低下につながるのです。

男らしさを回復したい

  • 中年太り
  • ガリガリな体型
  • ひ弱そう

肉体の強化によって、女性から見た時の男らしさや肉体美に自信を持つことができるようになります。

記憶力や集中力の回復

脳細胞の中でも神経細胞が増加し、強化されていく。

神経細胞が回復することが、

  • 記憶
  • 集中
  • 決断
  • 判断能力

といった大切な機能の回復につながる。

つまり、知的機能の回復が期待されている。

近年は、若年層にも認知症が広がっている。

そして、女性よりも男性の方が多く発症している。

引退後は、やはり男性からテストステロンが更年期以降減少することも大きく関係している。

若年層は、運動不足、引きこもりなどが原因になっていることも関係している。

健康であり続けるために

健康に必要なのは、内臓(特に腸)を守ることが大切。

不純物をため込まない

毒素を排出する

一酸化窒素の産生を促す

このような働きをきちんと自分の中で維持することが大切。

テストステロン値の高い人は、生活習慣病のリスクが低い。

これが健康に大きく監視する。

 

日常生活の工夫でテストステロンを増やす方法

何科特別なことをするわけではあります。

規則正しい生活

バランスの良い食生活

良質な睡眠

これはどんな健康法にも共通している内容。

では、その中で、筋肉強化(テストステロン値アップ)に必要なのは何科?

食生活の注意点

注目する栄養素は以下の通り。

  • 亜鉛
  • 良質なたんぱく質
  • ビタミン

これらを積極的に摂取することが大切。

特に亜鉛の男性に対する効果は、

  • 活性酸素除去
  • 精子の生成

にも関係している。

良質なたんぱく質は何から摂取するべきか?

低カロリーで高たんぱくな食材としてコンビニなどでも手軽に購入できる食材がある。

アスリートが、おすすめしているのが以下のような食材

  • 納豆
  • 無視防牛乳
  • ツナ
  • 鶏のむね肉(理想は皮なし、皮つきも可)

分かりやすい事例では、なるべく赤みの多い部位を選ぶとよい。

牛肉なら、ランプ、モモ

豚肉なら、もも、ひれ

お魚なら、マグロ、カツオ、ブリ、イワシ等がおすすめです。

ビタミンB6との組み合わせ

同時に取るとさらに効果が発揮しやすい食材があります。

それが、以下のような食材。

  • サツマイモ
  • アボカド
  • 牛や豚のレバー
  • 鶏ささみ
  • サバ

こういう食材は一般のスーパーやドラッグストアでも簡単に手に入るので試してみると良いでしょう。

生活におけるストレス対処法

日常生活のストレスを解消する一番のおすすめは、睡眠の質です。

睡眠時間ではなりません。

睡眠中における

  • 疲労の処理
  • 体のメンテナンス
  • 機能の回復

上記のような条件を満たすために必要なのは、睡眠時間の他に睡眠の環境が大きな影響を与えます。

  • 就寝から3時間前には夕食を済ませる
  • 入浴はぬるま湯にゆっくり長めに入る
  • 日中は適度に運動する
  • 就寝前は暖かい飲み物を摂取する

こうしたことを実践するだけで、普段の同じ時間の睡眠でも質が変わってくると思います。

運動は何をすればいいのか?

運動と言っても別にいきなりジムに通うとか古マラソンをするみたいなことは考える必要がありません。

むしろ、急激な分銅は筋肉へのダメージの原因につながりますので、注意が必要です。

基本は、有酸素運動と筋トレの療法です。