スポンサーリンク



あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • 男性型更年期が気になる
  • 最近ストレスに弱くなってきた気がする
  • 自律神経の乱れ?ホルモンバランスが崩れたせい?
  • 睡眠の質が悪化したのか眠りが浅い(不眠)
  • 集中力がない
  • やる気がなくなった
  • 判断力が衰えた気がする
  • 筋肉がなくなった

もしかしたら、男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)かもしれません。

テストステロン関連記事

サプリメント

テストステロン増やす目的のサプリメント選び方【成分】

テストステロンを増やすトレーニング

スポンサーリンク



テストステロンを増やす下半身トレーニング|やる気を回復させる方法

お金を稼ぐエリート

テストステロン(男性ホルモン)を増やす行動のコツと注意点

男性ホルモン減少に伴う変化

テストステロンは激しい運動をすると逆効果?適度の目安

では具体的にはどうやって確かめるのかをご案内していきます。












テストステロン検査方法と費用

検査方法

血液検査になります。

【注意点】

テストステロン値は、午前中に測定することが理想的です。

保険適用

男性性腺機能低下症候群の診断に必要な検査となる場合は、保険適用となります。

検査費用

  • 初診料
  • 血液検査代
  • 血液検査判断料

こうした内容をふくめて、3割負担で目安は、4600円程度です。

治療の流れ

  1. 初回(初診)で診察、問診、検査を受ける
  2. 2回目に検査結果の確認とホルモン補充(保険適用:730円)を受けるかどうか
  3. 3回目以降の通院頻度は、2週間に1回程度。ホルモン補充を行う

この他に定期的な血液検査によるホルモンのチェックを実施します。

男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)の症状や原因

症状

以下のような症状は、典型例の一つです。

  • 疲れやすくなった、
  • 疲れが取れない
  • 倦怠感
  • 不安から抜け出せない
  • イライラする
  • 不眠状態
  • うつのような症状だ
  • 食欲がない
  • 記憶力が低下している気がする
  • 顔や体がほてる
  • めまいがする
  • 精力が低下している
  • 朝の勃起が減った
  • 頻尿になった気がする

上記などは基本的には、症状の1つである可能性があります。

セリフチェック項目

  • 性欲の低下
  • 朝立ちの回数減少
  • 性的能力の衰え
  • 髪が伸びるのがおそ億なった
  • 睡眠に悩みがある
  • イライラする
  • 不安感
  • 行動力がなくなった
  • 筋力の低下を感じる
  • ゆううつな気分になることがある
  • 絶頂期は過ぎたと思ってしまう
  • やる気が出ない
  • どん底にいる気がする

上記のようなチェックリストを確認して、軽度、中等度、重度という判断をされます。

原因

  • 重度のストレス
  • 環境の変化

上記のような環境に伴う影響により、男性ホルモンの一種であるテストステロンが急激に減少することによって起こります。

 

LOH症候群治療方法

治療方法は、注射、飲み薬などがあります。

補充方法

保険適用の範囲内
  • 注射によるテストステロン補充療法
  • 漢方薬の処方
  • 精巣を刺激しテストステロン生成を促すhCG療法
保険適用外
(自費診療)
  • ED治療薬処方

補充する量

1回の注射で250㎎

頻度は、2週間に1回。

副作用

  • 前立腺肥大
  • 癌リスク

自分の体をきちんと医師に診断してもらった上で治療法を選ぶことが大切です。

 

ホルモンチャージとは

ホルモンチャージは、決して病院で治療しなければいけない状態ではありません。

しかし、筋肉増強のトレーニングを行っている人は、組み合わせることでさらに効果を発揮するケースもあります。

一方で以下のような副作用が心配されています。

テストステロン増加に伴う副作用

  • にきびが増える
  • 体毛が増毛する
  • 薄毛、抜け毛
  • 肝機能の低下

自分でコントロールするのが難しい、わからないという時には安易に自部なりの増強方法を選ばないことが大切。

最近は、男性専門のクリニックの中で、LOH症候群の専門クリニックも出てきています。

  • メタボ抑制をしたい
  • 引き締まった肉体を手に入れたい
  • 男らしさを取り戻したい

こんな希望をする人は、まずきちんと治療法を含めて医師に相談したほうが自分に効果のある方法にたどりつけるのではないでしょうか?