スポンサーリンク



  • 男性ホルモンが多いと禿げるの?
  • 男性ホルモンが増えるとハゲるって本当?
  • 男性型脱毛症は男性ホルモンが多いから?

薄毛の原因になるホルモン=男性ホルモンというのはちょっと違う。

男性ホルモンにも種類があります。

その中でも薄毛、抜け毛に関連するのは、テストステロン。

テストステロン関連記事一覧。

男性ホルモン減少に伴う変化

スポンサーリンク



テストステロンは激しい運動をすると逆効果?適度の目安

テストステロンを増やすトレーニング

テストステロン(男性ホルモン)を増やす行動のコツと注意点

お金を稼ぐエリート

スポンサーリンク



コンビニやスーパーでも変える精力増加効果のあるおすすめの食べ物

テストステロンを増やすトレーニング

テストステロン増やす下半身トレーニング|やる気を回復させる方法

治療

男性後年気障害(LOH)保険適用の診断|テストステロン検査方法や費用

このテストステロンが、5α還元酵素【リダクターゼ】により、悪玉ホルモンである「ジヒドロテストステロン」【DHT】に変換される。

このジヒドロテストステロンが増加することで、抜け毛が増えるというメカニズム。

思春期以降20代30代になっても髪の毛がふさふさの人もいます。

一方で、小学生、中学生、高校生の10代から薄くなってきた。

30代40代では、てっぺんはげとかm字ハゲとなっている人もいます。

この違いは、自分の体の中にあるジヒドロテストステロンが増加していることで髪の毛のヘアサイクル(毛周期)が崩れてしまう。

結果的に、髪が成長する前に抜けてしまう。

このような、流れになっているのです。

つまりは、5α還元酵素が原因となっているのが主なのです。

薄毛治療薬の主な働き

薄毛治療

aga治療薬のフィナステリド錠【プロペシア】やデュタステリド錠【ザガーロ】は、この還元酵素を阻害します。

プロペシアは、Ⅱ型のみに対応。

ザガーロは、Ⅰ型にもⅡ型にも対応。

その結果、薄毛にも対応するとされています。

 

はげの原因はさまざまです

はげの原因

ハゲは、以下の4つの原因が主であるとされています。

  1. 遺伝的要因
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 更年期

遺伝的要因

遺伝的要因

両親又は祖父母の家系の中で髪が薄かったという方がいる場合はこの可能性も考えられます。男性女性を問わず抜け毛の主な原因は男性ホルモンによる影響と言われています。遺伝子検査なども発達していますが、やはり体質的に該当するというケースがこのパターン。

生活習慣による影響

生活習慣

ストレス化社会、不規則な睡眠、生活習慣の乱れ等が問題視されている現代。人間関係、仕事、金銭等日常生活におけるストレスが原因で男性ホルモンが増加しやすい環境になっているというケースもあります。

他にも食生活による脂質の高い食事を好む生活やバランスの良いメニューではなく、インスタントや簡単に手軽に食べられる食事を好む方が増加していることも要因とされているのです。

自分の目的と対処法の選び方
髪を増やしたいと思っていても実際に何から始めるべきかが分からないという人は多くなっています。

市販や通販の人気ランキングを見て、価格をチェックしながらひっそり自宅に郵送される商品で試している人も多いのではないでしょうか?

私も同じことをしてきましたのでお気持ちはよくわかります。しかし、これではほとんどの方がなかなか結果が出ないとか効果なしという結末に頭を抱えてしまうのも現実。

  • 手間をかけたくない
  • 費用を抑えたい
  • なるべく薬などは使いたくない
  • 自然な髪型を手に入れたい

この4つの条件を私もAGA治療で高額な内容を選択した経験から今の時代に合っているのは、増毛だと思っています。

しっかり美容師によるヘアアレンジも対応してくれますし何より自分で何かをする必要がないことが一番の救い。

結果が出るか出ないかはわからないAGA治療を長期にわたって挑戦してもし毛が生えなかったらどうしよう?

こんな不安を抱えている方は、まずはアデランスの増毛体験で髪が増えた喜びを実感することを自らの体験ではお勧めしています。

ストレス

ストレス

ストレスはゼロということはできません。

コロナ禍で何もなくても自然と不自由な環境になっている時代。

しかし、ストレスは、薄毛だけでなく、さまざまな病気に関係します。

高血圧

コレステロール値上昇

つまりは、血管を収縮させたり血行障害に影響をあたえる。

ではどうすればいいのか?

自分の背負える量をきちんと把握することが大切。

何より、薄毛に対して気にしすぎないことが重要なのです。

 

AGAの種類

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略称。日本では男性型脱毛症を意味します。

特徴は以下の通り。

思春期から成人男性まで幅広い年代において、抜け毛や髪の毛が薄くなったという実感がある人
10代学生から20代前半にかけて進行してきたのがわかる
30代以降も育毛剤やシャンプー等市販や通販の商品を試したけどなかなか効果がない
このような方の場合は、根本的に男性ホルモンによる影響を受けている可能性がありますのできちんと薬によるコントロールや生活習慣の見直し等が必要になります。

 

脱毛を予防する上でのポイント

結局、生活する上では、いくら注意しても無駄?

男性ホルモンの存在を目に確認することは困難。

では今の変化をそのまま受け入れるしかないのか?

病院やクリニックで治療を受けることに抵抗がある人に伝えたい事があります。

一般サービスでも改善している

本当に多くの人がAGAというなら、今の時代にはげはほとんどいないはず。

何故そう言えるのか?

  • 薬で9割以上の効果
  • 毛髪再生治療では、99%以上が効果を実感。

こんなことが紹介されているからです。

でも実際には効果なし、効かない、生えないという声もあります。

医療でなくても生えたという人はいる。

その理由は?

結果的に頭皮環境を整える事と生活習慣の見直しで改善した。

これが、正直症状だけでは判断するのは難しい時代になっていると思いませんか?

2021年にも昔と同じような治療が行われている。

結局は、薬以外の方法でも治る可能性はある。

これが知っておくべき現実なのではないでしょうか?

参考情報

大東製薬

同じような悩みをを持つ人の書込み

知恵袋書込み