スポンサーリンク



  • 髪の毛をかいたら、白い塊がついてきた
  • 褐色の塊の正体は何?
  • 頭が臭い原因は何?

こんな悩みお持ちの方は、要注意。

今回の記事では、角栓という存在について、解説していきます。

 

角栓とは?

角栓ができる原因

角栓があるデメリット

頭皮の角栓予防方法

角栓の除去方法と注意点

順に解説していきます。












角栓とは?

オイリー肌

まずは角栓について知っていきましょう。

角栓とは、人のターンオーバーによって排出される角質(垢)です。

角栓の発生メカニズム

メカニズム

  1. ターンオーバー(新陳代謝)により角質(垢)が排出される
  2. ターンオーバーが乱れる
  3. 排出されるはずの角質が溜まる
  4. 溜まった角質に皮脂が付着する
  5. 毛穴の中で固まったものが毛穴に栓をする

これが角栓です。

 

角栓ができる原因

原因

角栓ができる原因は、主に2つあります。

  1. 角質の排出が正常に機能しない
  2. 皮脂の過剰分泌

順に解説していきます。

角質が正常に分泌されない

エラー

主な原因 起こっていること
頭皮の乾燥 乾燥した状態を保湿するために皮脂が分泌されてしまう
摩擦 角栓を除去するためにゴシゴシ頭皮を擦ってしまう
毛穴が開くことで角質や皮脂が溜まりやすくなる
食生活の乱れ 脂質、糖分の多い食事
偏った食事による皮脂の過剰分泌
洗髪をしないままの就寝 汚れが溜まった状態が続くことで角質の排出が遅れる

 

角栓があるデメリット

デメリット

角質があるとどんなデメリットがあるのかを解説していきます。

  • ターンオーバーの乱れ
  • 頭皮トラブルの原因

順にご紹介していきます。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバー

  1. 正常に角質が排出できない
  2. 皮脂の過剰分泌
  3. 頭皮や髪がベタつく状態になる
  4. 角栓によって頭皮の常在菌が増加
  5. 頭皮のニオイの原因になる(頭皮臭)

頭皮トラブルの原因

頭皮トラブル

  1. 角栓が頭皮の毛穴を塞ぐ
  2. 本来体外に排出される皮脂が毛穴につまる

これがニキビです。

毛穴の詰まりが、頭皮の血不良(悪化)の原因にもつながります。

つまりは、薄毛、抜け毛の原因になるのです。

 

頭皮の角栓予防方法

角栓予防

角栓をつくらないようにするためには何が必要なのか?

  1. 生活習慣の見直し
  2. 正しいヘアケア
  3. 保湿をする

順に解説していきます。

生活習慣の改善

生活習慣

生活習慣を見直すポイントは、以下の点が大切です。

  • ストレスを溜めない
  • 定期的に運動する
  • 過度な飲酒や喫煙をさける

つまりは、血流悪化の原因を防止することが大切です。

正しいヘアケア

ヘアケア

頭皮をケアする際には、基本的には以下の流れで実践しましょう。

  1. 頭皮をブラッシングする
  2. すすぎを丁寧に行う(時間は2~3分、お湯の温度は38~40度以下)
  3. シャンプーは指の腹でマッサージしながら泡立てる
  4. シャンプー後のすすぎをきちんと行う
  5. お風呂上りには、タオルドライとドライヤーで速やかに乾かす

自然乾燥をしたり、泡立ちが悪い状態で追いシャンプーをするのは厳禁です。

保湿をする

保湿

保湿をするというのは、乾燥が気になる方向けの対策方法。

そもそも乾燥が気になる方は、皮脂を落としすぎている可能性もあります。

 

角栓の除去方法と注意点

注意点

角栓を落とすことに必死になってしまうと、過剰なケアになってしまうことも多いです。

注意点1.毛穴を開く

毛穴を開く

頭皮のケアをしたい方は、毛穴を開くための方法を感がることも有効です。

例えば、

  1. ホットタオルで自分の髪を包み込む
  2. すすぎを行う

このようなステップを入れることで、一時的に毛穴が開きやすくなります。

注意点2.クレンジング

クレンジング

女性は特に、メイク落とし等で利用する人は多いです。

いかし、乾燥肌の方は要注意。

クレンジングにより乾燥してしまうからです。

乾燥することで皮脂が分泌されやすい。

これは角栓ができやすくなる状況になります。

乾燥が気になる人は、ゲル・クリームを活用するようにしましょう。

注意点3.洗髪回数

1日に朝と晩の2回のケアをしようとする人は間違い。

なぜか?

特に朝シャンは、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

シャンプーは1日1回です。

その1回できちんとしたヘアケアを行うほうが重要です。

 

角栓ケアアイテムの選び方

角栓ケア

角栓を防ぐ上で重要なのは、水流を使った汚れを落とす方法に注目すること。

シャンプーやオイルなどに依存しない。

自然に落とすことを目的に考えましょう。

ハイドラフェイシャル

フェイシャル

ハイドラフェイシャルは、顔用の渦巻き水流。

肌表面、毛穴の奥の呼ぶな皮脂、角栓を吸引しながら洗浄、除去を行う方法。

生え際の汚れが気になる方にはおすすめです。

発毛サロンでのヘッドスパ

お試し体験も多くなっている発毛サロンや育毛サロン。

頭皮がスッキリするってどういう状態なのだろう?

この答えを一度体験することも大切です。

自分が感じていたスッキリ感はもしかしたら乾燥状態なのかも?

こんな不安があれば、最寄りの発毛サロンを探しましょう。