スポンサーリンク



  • 「最近抜け毛が増えた気がする」
  • 「おでこやてっぺんの髪の毛が減った気がする」
  • 「地肌が目立つようになってきた」
  • 「はげてきた気がする」

こんな不安がある人は、もしかしたら、AGA【男性型脱毛症】の可能性があります。

まずはAGAとは?について知ることが大切です。

  • セルフチェック
  • メカニズム
  • 治療方法
  • 費用相場
  • 治療期間
  • 副作用

知るべきことは色々あります。

今回の記事では、AGAとは?について以下の目次で解説しています。

男性型脱毛症【AGA】とは

AGAのセルフチェック

AGAの治療方法や費用相場

AGA治療薬の副作用











男性型脱毛症【AGA】とは

agaとは

スポンサーリンク



メカニズム【原因】

AGA【Androgenetic Alopeciaの略】の

最大の特徴は、ホルモンによる影響であること。

メカニズムをわかりやすくご案内していきます。

  1. 男性ホルモンのひとつである「テストステロン」
  2. 毛根にある「5α還元酵素」(5αリダクターゼ)。

上記の2つがポイントになります。

  1. テストステロンが5α還元酵素によって、「ジヒドロテストステロン」(DHT)に変換。
  2. DHTが毛乳頭にある男性ホルモン受容体【レセプター】に結合。
  3. ヘアサイクルを乱すことで、抜け毛が発生する
  4. 正常な髪の成長が止まる

この結果、薄くなっていくのです。

よくあるのが、ストレスのせい?という悩み。

agaの発症原因にストレスは関係ない!

原因としては、遺伝とされています。

ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクル

ヘアサイクル【毛周期】とは?

正常な髪は、以下のバランスで存在します。

状況 髪の変化 期間
成長期 新しい髪の毛が生える
「太く」「長く」成長する期間
約2年から6年
髪全体の90%
退行期 髪の毛の成長が止まる
休止期になる準備段階
約2週間~3週間
髪全体の1%
休止期 髪の毛の成長が完全に止まる
次の成長期の前に抜ける期間
約3ヶ月から4ヶ月
髪全体の10%

正常な髪は、1日何本くらい抜けるのか?

1日に抜ける髪の毛の本数目安

AGAになると、このヘアサイクルが乱れます。

具体的には、髪の毛の成長が止まります。

つまりは、

  • 「長くならない」
  • 「髪が伸びるのが遅い」
  • 「髪の毛が太くならない」

等の症状に気付くのです。

AGAは自然治癒するのか?

自然に治る

AGAは、進行性と言われています。

つまり、放置していると、徐々に悪化(薄くなっていく)します。

よって、自分の髪を元のヘアサイクルに戻すためには、何か対策や改善方法を選ぶことが大切です。

円形脱毛症とは別

円形脱毛症の種類

円形脱毛症の種類と治るまでの期間

円形脱毛症を早く治す方法はストレスとホルモンバランスに注目

 

AGAのセルフチェック

セルフチェック

専門クリニックなどでは、以下のようなセルフチェックを受けることがあります。

セルフチェックシート

  1. 父、父方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいるか?
  2. 母、母方の祖父母のいずれかに薄毛の人がいるか?
  3. 以前に比べて抜け毛が増えましたか?
  4. 産毛のような細い短い髪の毛が多くなった?
  5. ハリやコシがなくなった?
  6. 思春期以降に髪の毛が薄くなった?
  7. 徐々に進行している気がする?
  8. 額の生え際から髪の毛が後退した?
  9. 頭頂部の髪の毛からうすくなった?
  10. 額の生え際と頭頂部両方からうすくなった?

以上の項目で、Yesが多い人ほどAGAの可能性があるとされています。

 

AGAの治療方法や費用相場

aga治療方法

AGA治療とは具体的にどのようなことを行うのか?

治療方法 効能 期間 費用相場
薬物療法
  • 血流改善
  • 5αリダクターゼの働き抑制

ミノキシジル,フィナステリド,デュタステリドの処方

継続が前提
服用や使用を中止すると徐々に元に戻る
5000円~30,000円
【地域差あり】
注入療法【HARG療法,ヘアメソセラピー,ヘアフィラー等】
  • 成長因子【グロースファクター】
  • ビタミン,ミノキシジル等

頭皮に直接注入することで発毛を促す

2週間から1ヶ月に1回通院
セット契約終了後にも薬の服用は前提
1回30,000円~200,000円【範囲や種類,回数により異なる】
自毛植毛 自身の髪の毛を薄くなっている部分に移植する 回数は1回
その後メンテナンスの可能性あり
1グラフト【本数】の単位による
330,000円~200万円以上

どの方法を選ぶとしても、基本的には、投薬治療を受ける事は前提としていることが多いです。

副作用の心配は?

ミノキシジル【ミノタブ】

ミノキシジル育毛剤副作用

デュタステリド【ザガーロ】

ザガーロの効果はいつから?デュタステリド副作用

フィナステリド【プロペシア】

以下のような情報が公開されています。

  • リビドー減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 蕁麻疹
  • 発疹
  • 血管浮腫(むくみ)
  • 睾丸通
  • 男性不妊症
  • 精液の質低下
  • γ-GTP上昇
  • ALT上昇
  • 乳房肥大
  • 抑うつ症状
  • めまい

何科で相談?

AGAの治療は、一般保険適用はされません。

全額自己負担の自費診療扱いとなります。

しかし、薬の処方の窓口としては、皮膚科、内科、整形外科等でも対応している病院【正しくは診療所】があります。

他にもAGA専門クリニックなら、土日祝も問わず開院しているという環境があります。

 

未成年の場合は?

高校生ハゲ抜け毛相談

まだAGAなのかも定かではない。

近年、10代の中学生、高校生、大学生の男女にも抜け毛や薄毛が増加しています。

しかし、薄毛や抜け毛の治療薬は、原則20歳以上。

一部のみ18歳以上が対象の物もあります。

理由は、ホルモンバランスを調整するため。

ではどうすればいいのか?

未成年者の抜け毛や薄毛については、

ストレスで髪の毛抜ける中学生高校生が増加!若ハゲの原因と対処法

10代中学生,高校生のagaが増加中!若ハゲは治るのか?

参考資料

プロペシア添付文書

https://www.aga-news.jp/secure/self_check/index.xhtml