スポンサーリンク



自分の子供が髪が薄いことで将来いじめにあわないか心配だという10代の中学生高校生の親御様も増えているようです。

自分の親を見てもある程度は遺伝等の可能性を考えたらちょっと不安もあると意識をしている人も増えている。でも自分の子供となると少しでも早い段階で何かをしてあげたいと思うはず。

でもそんな時にこそ注意してほしいことをご紹介しています。

これまでにもはげ治療については、以下のような内容を書いてきました。

はげ治療については、以下のような内容も書いています。

はげ治療効果に期待できること

スポンサーリンク



はげ治療効果に期待できることとできないこと

はげ治療保険適用外の種類

はげ治療で保険適用対象はあるのか?体験記

aga治療費新橋

新橋はげ治療agaクリニック選び方治療体験者口コミ

m字ハゲ坊主と治療費用20代口コミ

mハゲ治療の値段は高いぞ!初めての人が注意すること

はげ治療薬以外の選択

はげ治療は実際に効くのか?

プロペシアでm字はげ治療体験記

生活習慣も乱れやすい現代社会では、20代30代だけでなく、10代も頭皮や髪の毛を気にしている人が増えた。

中には、若ハゲなんて表現も出てきているからこそ、何か対策や予防をしておかなければいけないと考えてしまう部分もある。

でもそんな時こそ、冷静になって考えたほうがよいことをご紹介していきます。









若ハゲの治療法って何?

若ハゲ治療法

そもそもこの言葉自体が勝手に作られている用語。男性の薄毛を治療する時に出てくるのは、男性型脱毛症(aga)または女性ならびまん性脱毛症や女性男性型脱毛症などがある。

その治療方法は、主に薬を処方してもらうという方法であり、条件として男性なら20歳以上の成人男性にのみ処方されている。

このような説明が専門のクリニックや皮膚科のホームページでも記載されていることが多い。つまりは、若はげという曖昧な表現方法からその人たちに合うその他の方法を探すということが間違い。

10代の治療薬は処方がない

薬として探している場合にはやはり育毛剤や抜け毛予防などの薬を処方してもらうことは難しい。これは専門のクリニックを複数調べてみても同じことが出てくると思います。

ではどうすればよいのでしょうか?

 

若ハゲ治療法の探し方

若ハゲ治療法の探し方

もし親御さんがお子さんの成長に合わせて、徐々に髪の毛が薄くなってきていると感じられているなら、まずはその状況に悩む上で意識しておくことがある。

将来の予定

まず最初に必要なのは、多くのシャンプーや食生活改善、ストレス軽減よりも将来のこと。

20歳になってからは、男性型脱毛症の薬を処方してもらうことは可能になります。しかしここで少し視点を変えると費用はどうするのかを悩むお子さんに何をしてあげられるのか?

  • 飲み続けるという結果に対して現在の家計から少しずつフォローを続けるのか?
  • 一人暮らしをする予定の子供にずっと少しずつ食材などを渡し続けるのか?
  • 仕事などで悩んだ時のストレスを解消するためにお小遣いを挙げるのか・

ライフスタイルの変化に伴い次の人生での毎日の生活で悩んでいることへの対処は少しずつ変わっていく。

その時、自分の子供に対してよい方法があれば試してあげたいと思ってしまうと何ができるのかを考えることのほうが大切。

食生活の乱れや生活改善は正直に言って難しいと思う人が多い。食事のメニューを変えてあげたくても食材も高騰化している時期はどうする?

バランスの良い食事なんて親でもできていないと思っているのに、子供の年齢に合わせてその分を用意してあげるほどの余裕もない。

これでは子供の症状に対して、今度は親がストレスを抱えてしまう負の連鎖が起こる。

実際写真などをこまめにとっているなんてことをしてもその写真を誰が見ても不安を抱えるだけになってしまっては意味がない。

大人になれば、完全に一人で生活をしなければいけない時期が来るからこそ、髪にどれだけの費用をかけるのかを考えることが先決。

今できること

正直、予防なんてできるなら、こんなに多くの人が不安を抱えていないと思いませんか?男性ホルモンの影響と言われてもそんな目に見えない体の中のことをメンテナンスできる人は少ないです。

睡眠時間、食生活、ヘアケア。これらの問題に対して悩んでいる人が多すぎる。でも実際に何が正しいのかなんて答えも人によって少しずつ答えが違う。

これでは毎日の検索で毎回違う答えを見て迷うだけになってしまうのではないでしょうか?

だったら、今やらなければいけないことは何か?進行するかしないかということや育毛剤を使う使わないよりも先に目の前にある生活で自分の体に負担がない程度のケアを始めることではないでしょうか?

成長期のホルモンバランスの変化に伴い起こるといわれても実際に何も症状が出ない人もいる。4人に1人が悩んでいるというデータも出た時期があります。

それだけの確率だと思ったら、大人があれこれ考えても完全に予防ができる方法なんてなかなかないのです。あったとしても続けられることは少ないと思ったほうが良い。

働きに出てから、自分でしっかりお金を稼げるようになってからはどうしたいのか?

彼氏彼女ができればまた環境も感じ方も変わってくると思います。

 

若ハゲ治療法を諦めた口コミ

若ハゲ治療法の選び方

私の同級生の息子さんが同じように10代大学生で生え際のm字ハゲに悩んでいるという相談を受けたことがあったのですが、その時の状況をご紹介していきます。

睡眠が大切

髪の悩みだけでなく、私たちは、日本で生活をしている中で、以下のような流行り病にもしっかり対応をしていかなければいけない。

・インフルエンザ

・食中毒

・2020年にはコロナウイルスなんて新型の病気も出てきました

それぞれ身体の健康を維持するために何が必要なのか?そう考えたら主に体をしっかり休めることが健康の秘訣。

この考え方に集中したということです。

どんな病院の医師でも睡眠と食生活と適度な運動という3つを心掛けることは大切と伝えていることが多いですよね。

その他には、手洗い、うがいの日常のケアを大切にしている。

ところが実際に病気になった際には、早めに休むのが一番というのをずっと昔から言われてきたことだと思います。

やっぱり体の健康を維持するには、少しでも良質な睡眠を心掛けることが大切。生え際やてっぺんのつむじ周辺が薄くなってきたことはショックだろうと思います。

でも今できる特効薬はないなら、何もしないほうが得。

これが彼が息子に伝えた言葉だったそうです。

そして、もし少しでも髪の毛を増やしたいなら?

この答えは1万円の増毛体験などを私が経験した後の状態を見て、これならいいじゃんじゃないのか!という答えで、子供にもある程度本数を確保してあげられる状況を作ろうと意識が変わったのです。

あなたはこれからの子供の成長と未来に何を投資してあげたいですか?

結局は、10代の元の状態に戻りたいというのが多くの人の強く願う内容だと思いませんか?

だったら、その時の本数を目指して少しずつでもメンテナンスして無理のない本数を増やしていくほうが見た目が変わってよいと思いませんか?