スポンサーリンク



若はげって何歳から何歳のこと?10代の高校生は対象で20代の大学生は違うの?若いって文字もいったい誰がどのような基準で使っているのかすら不明な言葉を使って検索してもまともな情報にたどり着けない。

今回の記事では、若はげ治療を皮膚科に受診するほうが良いのか悩む親御様向けに解説しています。

これまでにもはげ治療については、以下のような内容を書いてきました。

若はげ治療におすすめはない

スポンサーリンク



若はげ治療はおすすめしない!親が子供の将来を心配するポイント

若ハゲ治療法

若ハゲ治療法を親が心配する時の注意点

はげ治療効果に期待できること

はげ治療効果に期待できることとできないこと

はげ治療保険適用外の種類

はげ治療で保険適用対象はあるのか?体験記

aga治療費新橋

新橋はげ治療agaクリニック選び方治療体験者口コミ

m字ハゲ坊主と治療費用20代口コミ

mハゲ治療の値段は高いぞ!初めての人が注意すること

はげ治療薬以外の選択

はげ治療は実際に効くのか?

若はげ治療で親が心配する内容

若ハゲ治療に親が頭を抱える内容と対処法まとめ

プロペシアでm字はげ治療体験記

自分の子供が困っていることがあれば、何とかしてあげたいと思うのは当然だと思います。でも自分が悩んだことがないことは実際には何をしてあげればよいのか具体的なことは分からない。

少しでも効果のある事を探して何か必要なことがあれば協力してあげたい。そんな親御様に期待してはいけないことをご紹介していきます。









皮膚科の若はげ治療対応

若はげ治療と皮膚科の関係

アトピーやアレルギー(蕁麻疹、湿疹、火傷、赤み、炎症)等を起こした時や病気を治すために保険を使って治療をお願いするのが本来の皮膚科の存在価値。

では髪の毛の悩みを抱える患者には何をしてくれるのでしょうか?

よくある対応

皮膚科の中には、以下のような治療を案内している場所もあります。

  • プロペシア処方(フィナステリド錠)
  • 育毛剤処方

本来は、健康を維持するためにリスクがあると国が認定した病気を治すための医療機関。今どこのエリアでお住いになっている方も根本はこの存在意味を知っておくことが大切。

やっていることはあまり専門のクリニックとわからないのが現実です。

メリット

以下の内容は他の専門のクリニックと比較する上では安心があります。

  • 処方を受ける前の具体的な説明は必ず医師が行ってくれる。(カウンセラー等の無資格者が対応するリスクがない)
  • 高額な治療費を請求されるような方法は行っていない
  • 近所にあれば、通い続ける時には楽になる

デメリット

本来は身体に異常があると感じた人が訪れる場所であるからこそ、以下のリスクはあります。

  • 他の通っている人から何かをもらってくる可能性
  • 近所の人や知り合いに遭遇しやすい可能性
  • 混雑によっては待ち時間が長くなることもある。

あえて伝えるなら、この3つが患者として治療をお願いする際には覚悟が必要になります。

皮膚科の若はげ治療に多い誤解

皮膚科の若はげ治療に多い誤解

皮膚科に行くことを考える親御様が誤解していることが多い内容を解説していきます。

健康保険は適用されるのか?

薄毛は、そもそも健康にリスクのある対象でしょうか?

基本的に髪が少ないことが人の生命にかかわるということは基本的に考えられていないのです。つまりは、保険適用からは大きくかけ離れた範囲の悩みである。だからこそ、髪の悩みを抱えている人たちの治療相談には、保険が適用しない。

この案内をしている皮膚科も非常に多くなりました。

男性型脱毛症の案内

皮膚科の公式hpの中でもあまり髪の毛についての説明や抜け毛についての案内をしていないケースもあります。男性型脱毛症(aga)治療というページを用意して下記情報を記載していることが多いです。

  • 内服薬の種類と費用
  • 全額自己負担であるという案内
  • 相談の受付時間

でも具体的な相談に対しては、説明を受けることはほとんど同じ可能性が高いです。

特別専門のクリニックと大きく異なるというわけではありません。

最近は、東部に注射を行う等の治療も行うというクリニックが中にはありますが、今後皮膚科で美容外科等と同じ治療を行う場所が増えるのかと言えば、そうとは言えない気がします。

あくまで基本的にどこでもやっていることは同じ。

これだけを覚えておけば通った際にも期待外れということはないと思います。