スポンサーリンク



  • 女性のハゲの原因は何?
  • 男性も女性もホルモンが原因?
  • 女性の薄毛治療は男性と違うの?

女子中学生、高校生、大学生でも薄毛や抜け毛に悩む人は増えてきている。

  • 薄毛や抜け毛を予防したい
  • 自分で対処が可能ならやり方を知りたい!

女性でも男性でも似た部分があります。

当サイトは、医療現場で15年以上患者様のサポートをしてきた担当者がすべて執筆しています。












薄毛、抜け毛に悩む女性の割合

女性の薄毛、抜け毛に悩む割合

株式会社リクルートによるアンケート調査では、女性の10人に一人の割合で薄毛や抜け毛に悩んでいるというデータがあります。

つまりは、学校のクラスに2人、3人程度は悩みを抱えている人がいる計算になります。

でも年齢は?

10代、20代、30代、40代、50歳代以上。

この時期によっては、妊娠や出産、閉経に伴う変化もあります。

女性の薄毛の原因

薄毛の原因には、いくつかパターンがあります。

はげの原因

ハゲは、以下の4つの原因が主であるとされています。

  1. 遺伝的要因
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 更年期

遺伝的要因

遺伝的要因

両親又は祖父母の家系の中で髪が薄かったという方がいる場合はこの可能性も考えられます。男性女性を問わず抜け毛の主な原因は男性ホルモンによる影響と言われています。遺伝子検査なども発達していますが、やはり体質的に該当するというケースがこのパターン。

生活習慣による影響

生活習慣

ストレス化社会、不規則な睡眠、生活習慣の乱れ等が問題視されている現代。人間関係、仕事、金銭等日常生活におけるストレスが原因で男性ホルモンが増加しやすい環境になっているというケースもあります。

他にも食生活による脂質の高い食事を好む生活やバランスの良いメニューではなく、インスタントや簡単に手軽に食べられる食事を好む方が増加していることも要因とされているのです。

自分の目的と対処法の選び方
髪を増やしたいと思っていても実際に何から始めるべきかが分からないという人は多くなっています。

市販や通販の人気ランキングを見て、価格をチェックしながらひっそり自宅に郵送される商品で試している人も多いのではないでしょうか?

私も同じことをしてきましたのでお気持ちはよくわかります。しかし、これではほとんどの方がなかなか結果が出ないとか効果なしという結末に頭を抱えてしまうのも現実。

  • 手間をかけたくない
  • 費用を抑えたい
  • なるべく薬などは使いたくない
  • 自然な髪型を手に入れたい

この4つの条件を私もAGA治療で高額な内容を選択した経験から今の時代に合っているのは、増毛だと思っています。

しっかり美容師によるヘアアレンジも対応してくれますし何より自分で何かをする必要がないことが一番の救い。

結果が出るか出ないかはわからないAGA治療を長期にわたって挑戦してもし毛が生えなかったらどうしよう?

こんな不安を抱えている方は、まずはアデランスの増毛体験で髪が増えた喜びを実感することを自らの体験ではお勧めしています。

ストレス

ストレス

ストレスはゼロということはできません。

コロナ禍で何もなくても自然と不自由な環境になっている時代。

しかし、ストレスは、薄毛だけでなく、さまざまな病気に関係します。

  • 高血圧
  • コレステロール値上昇
  • 慢性甲状腺疾患
  • 膠原病

つまりは、血管を収縮させたり血行障害に影響をあたえる。

ではどうすればいいのか?

自分の背負える量をきちんと把握することが大切。

何より、薄毛に対して気にしすぎないことが重要なのです。

 

女性の薄毛対策方法

 

投薬療法(ミノキシジル等)

ハゲ女性の薬

高い効果が期待できるとされているのが、専門クリニックなどで医師が診察、問診をした上で処方される投薬療法。

女性の抜け毛の治療には、使える薬はほとんどありません。

しかし、血流改善における薬として、ミノキシジルは男女の性別を問わず処方が行われています。

あくまで、高血圧症患者にむけた降圧剤として使用されていた成分ですので、毛生え薬みたいなことではありません。

臨床データにおける多毛症の副作用が報告されたことで、効果の見直しがきっかけになった成分です。

スピロノラクトン

むくみ

スピロノラクとは、主に高血圧症、心性浮腫(うっ血性心不全)、肝性浮腫の改善に用いられるお薬です。

つまりは、むくみをおさえるという治療薬。

この薬の処方は以下の場合は必ず医師に相談する必要があります。

  • 急性腎不全
  • 高カリウム血症
  • 冠硬化症または脳動脈硬化症、
  • 腎障害
  • 肝障害
  • 食塩制限中

この薬は、閉経を迎えた後の男性ホルモンが優位になってしまった方向けに処方をしているクリニックもあります。

生活習慣

生活習慣の見直し

基本は生活習慣を身あの素ことが軸になります。

  • ストレス対策
  • 自分のリラックス方法の確立
  • 亜鉛、ビオチン、ビタミンなど髪の毛に必要な栄養分の摂取
  • 睡眠時間の確保

しかし、授乳中や妊婦さんの場合は、成長ホルモンが分泌されやすいとされる22時から2時の間に睡眠をとるというのも困難な人もいます。

ですから、自分の今の状況、環境に合わせたライフプランを考えることが大切です。

 

ホルモンの対処法よくある相談

女性ホルモンの調整

ホルモンバランスの乱れに対して自覚することが多い。

こんな人はどうすればいいのか?

女性ホルモンとは?

女性ホルモン

女性にも男性ホルモンがあります。

しかし、女性の場合は、女性ホルモンが減少することで男性ホルモンの影響を受けやすい環境になることが問題点。

体のリズムとしては、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期という4つに分かれます。

排卵期 月経開始から2週間後
卵胞期 月経後から排卵期になるまで
月経期 月経の時期
黄体期 排卵後から次の月経までの期間

コントロールのコツ

女性ホルモンのコントロール

自分でコントロールをするには、以下の4つが大切です。

  • バランスの良い食生活
  • 睡眠時間の確保
  • ストレッチ
  • ストレス解消

順にご紹介していきます。

バランスの良い食生活

偏った食事が女性ホルモンのバランスを崩すきっかけとなります。

具体的には、何をすればいいのか?

例えば、

  • 和食を中心とする。
  • 野菜たっぷりのメニュー
  • 肉、魚のほか、大豆も積極的取り入れる
  • お味噌汁など体を温めるメニュー

等が大切です。

睡眠時間の確保

睡眠時間

睡眠時間の目安は、毎日7時間以上が目安。

寝つきが悪い

こんな人には以下の方法がおすすめ。

  • お風呂の温度は39~40度。
  • 入浴時間は、20分程度
  • 半身浴により、自律神経の副交感神経を優位にする

毎日繰り返すことが大切です。

ストレッチ

ストレッチ

ストレッチは、体の凝りをほぐすことだけでなく、血行改善に効果があります。

血流を改善することが薬の処方を見ても大切なのはわかります。

よって、習慣的にエクササイズを取り入れることが大切。

ストレス解消

ストレス解消

簡単なのは、

  • 趣味に没頭する時間を作る
  • 複数を同時に行う時間を減らす

ウォーキングでもカラオケでも読書でも音楽鑑賞でも良いです。

とにかく自分自身が気分をリフレッシュさせることができる内容のみに集中できる時間を作ることが大切です。

参照サイト

アンケートサイト

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

おくすりのしおり