スポンサーリンク

男性型脱毛症治療の薬に興味がある人は増加している。

最近は女性の中にも男性と同じように性を問わず女性男性型脱毛症という症状も出ている。

髪の毛が薄くなる。

抜け毛がある。

前頭部のおでこが広がる(生え際の後退)野を実感している人。

つむじ周辺の頭頂部が薄くなってきたと実感している。

髪の毛のハリコシが無くなってきた気がする。

このような症状を持つ人が、数多く存在している。

その特徴に対して、医師が行う治療として薬を用いた方法がある。

それが、aga治療。

その時に服用する薬には以下のような内容がある。

男性向けには、プロペシア(フィナステリド錠)、ザガーロ(デュタステリド錠)ミノキシジル(飲み薬、塗り薬)。

このような種類の薬剤は医師の処方が必要となる。

しかし、この男性型脱毛症の治療において、患者の立場からは主な改善を期待する効果の情報よりは副作用という報告を気にしているというひともいる。

服用してから体毛が増えるとか、初期脱毛として、さらに飲む前と比較して毛が抜ける可能性もある。

このほかにもリビドー減退といって、男性は勃起不全(ed)などの生殖機能の低下を気にする声もある。

これまでにも私はサイト内ではザガーロの副作用について紹介してきました。

ザガーロ副作用治る

スポンサーリンク

ザガーロ副作用は治るのか?体験者口コミ

ザガーロ副作用治らない

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後はどうすればいい?

ザガーロ副作用いつから

ザガーロ副作用はいつから?体験レポ

ザガーロ副作用はいつまで?

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

このような特徴があってもやはり結果は後にならないと分からないのも現実。

ジヒドロテストステロン【dht】の減少により脱毛症は落ち着くとなっているのなら、毛髪を維持するためには主に必要となるのは抜け毛予防の機能や有効成分。

結果として、主な症状が改善された時、その他の不安を知った時に、その対処を中止として落ち着かせるべきか?

元の体は健康だからこそ脱毛症という症状に悩む人の人生はやはり私を含めて辛いと思う。

そして、今回の記事でご紹介していくのは、ザガーロの副作用で腹痛を経験する人の苦悩。

私も過去に違う成分でどうしても下痢や腹痛に悩み、相談をした時に薬の影響を否定できないということで、違うタイプの薬に変更してもらったことがあります。

5αリダクターゼ還元酵素阻害薬でも同じようなことがあると思った人に祖もしそうなった際はどう対処をするのが有効なのかを体験からご紹介していきます。

スポンサーリンク

ザガーロ副作用腹痛時の対処法

ザガーロ副作用腹痛

決してザガーロだけが特別という意味での症例を考えていく必要はありません。

胃腸が弱い人は、どうしても違うタイプの医薬品を服用した際にも一定の頻度でどうしても同じようなことが起こることは可能性として否定が出来ません。

そして、原因という考え方をするよりも、まずは日常の生活に対して支障がない生活を送るために知っておくべき内容をご紹介していきます。

ザガーロ副作用腹痛時の確認事項

もし仮にあなたがaga治療薬を服用後からすぐに下痢や軟便、腹痛等の症状に悩まされているなら、ぜひその間の状況を必ずメモを取っておくようにしてください。

何時に服用したのか?

何時に腹痛を感じたのか?

腹痛はどんな痛みだったのか?(刺すような痛みなど)

どのくらいの時間その腹痛は続いたのか?

下痢などの消化不良で1日に何回トイレに行っているときがあったのか?

薬の働きとして、効果を感じるような変化はあったのか?

こうした1つ1つを適切にその後の指示をもらうためには、変化の流れを伝えることが非常に重要。

薬剤は、体の中で分解されるまでに一定の時間が必要となります。

その間の中で、薬剤の影響として対象とする時間は、医師による診察を受けることが賢明。

当然診療の結果によっては、それ以外の体調不良の原因の対象が見つかる可能性もある。

まずは、自分がクリニックに行った後で飲む薬に対しては、成人が対象であるからこそ、きちんと痛みの状況を含めて腹部の不快感程度なのかも含めて記載しておきましょう。

ザガーロ副作用腹痛時の相談方法

もし仮に、近くに胃腸科などがあり、薄毛治療を受けるクリニックに足を運ぶには大変。

このような状況になった場合にはどうするべきか?

この答えは、必ず主治医である薄毛治療を行うクリニックの方にも電話やメールを含む何かの方法で相談や報告を入れておくようにしましょう。

もしaga治療とは関係がないストレスなどにより過敏症状などがあると判断される場合があれば、消化器科系統の医院や病院などでまず治療を実施してもらうようにしましょう。

診断をもらうのは、腹痛の場合は、アクセスにおける距離なども体の負担になる。

今の自分の動ける範囲の中で気分や体調に合わせてあまり無理をしないことも大切です。

次のような内容ももし同様にあるようでしたら注意してください。

前立腺肥大の疑いも心配である。

もともとめまいを伴う症状を経験していた。

神経系の治療を受けたことがある。

倦怠感やアレルギーのような蕁麻疹なども定期的に違うクリニックに治療を受けに行っている。

このように、多くの症状を定期的又は不定期に通うような人もいます。

この場合は、必ずどこまで副作用と言い切れるのかわからないため、自分の中で勝手に決めず、医師に次のような相談をしておきましょう。

相談方法はどこにすればよいのか?

服用は明日から中止して良いのか?

このように確認をとっておきましょう。

そうすれば、どこでどのような処方をされたのかを含めて、しっかり後に報告しやすくなります。

検査の結果などをあまり受けていないような人の場合は、その場での検査から健康の面でも確認をしていくことも大切なことです。

スポンサーリンク