スポンサーリンク



男性型脱毛症の治療希望者が増加している。

少しでも薬で何とかしのぎたいと思う人も多い。

高額の治療ではない。

でも、長期に続けることが必要。

そして、身体は別に元気なのに、髪の毛の悩みのために薬を飲む。

こうした状況の中で、注目されているのが、ザガーロ【デュタステリド錠】という薬。

効果による作用は、プロペシア【フィナステリド錠】の時よりもさらに適用範囲が広がっている。

毛髪を今以上に薄くしたくないと思う人が発毛や育毛の効果を求める。

このような流れの中で、もちろん良い結果の報告をあると思います。

実際に私のサイト内ではこれら副作用について以下のような内容をそれぞれご紹介しています。

ザガーロ副作用いつから

ザガーロ副作用期間はいつから?体験レポ

ザガーロ副作用はいつまで?検証結果

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

ザガーロ半年で抜け毛が急増

ザガーロ半年で効果なしより辛い現実

ザガーロ半年経過で抜け毛含めて効果なしでやめました

ザガーロ副作用は治る?aga薬体験記口コミ

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後はどうすればいい?体験記

 

しかし、薬であるからこそ、使用した後に副作用という悩みを持つ人もいるのが現実。

もちろん、確率はかなり低い。

今回の記事では、そんなザガーロの副作用の確率を含めて、私自身が体験した結果を含めて、あくまでクリニックの医師の処方を受けた前提の状況をご紹介しています。












ザガーロとは

 

ザガーロの効果

プロペシアと同様に5αリダクターゼを抑制する成分の事。

前立腺肥大症の治療薬として開発された薬の副作用効果から発覚した成分を採用。

この働きにより、1型2型という分類をされていたAGAの両方を阻害することができたということでより強力にジヒドロテストステロンの生成を阻害することが期待されています。

グラクソスミスクライン社が開発した医薬品。

服用方法

服用する量:1日1回

併用禁忌:該当する治療薬は無し

女性への適用:なし

献血:服用を中止してから、6ヶ月経過してからの対応

ジェネリック医薬品

以下の製薬会社から発売されています。

  • 東和薬品
  • 沢井製薬
  • マイラン社
  • SKIファーマ社

代表的な副作用

【性機能障害】

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • 射精障害

他にも、肝機能障害なども懸念されている。

服用できない人

以下の方は、服用が禁止されています。

  • プロペシア(フィナステリド)等の5α還元酵素阻害薬に対して過敏症があった方
  • 女性、妊婦、散布、授乳婦等
  • 小児(未成年者)
  • 重度の肝機能障害の対象者

ザガーロ効果期間に期待できないこと

ザガーロ効果生え際検証体験記

ザガーロで効果ない人に選んでほしくない次の策

ザガーロで悪化?

 

ザガーロ副作用の確率

ザガーロ副作用確率

スポンサーリンク



ザガーロの副作用が出る確率はかなり低い。

症例に対する公開データに記載されている数字も1%という数字が基準になっている症状ばかりである。

具体的なデータは、以下の通り

日本人を含む557例において、95例に副作用が報告された。

  • 勃起不全は、5%
  • リピドー減退は、5.8%
  • 射精障害は、1.7%

参考:ザガーロ添付文書

副作用の種類

ザガーロ主な副作用については、以下のような可能性があるとされている。

  • 肝機能障害、横断
  • 皮膚系では、アレルギーによる蕁麻疹や体毛増加(多毛症)など
  • 消化器系なら、下痢や腹痛

この他にも、どこまで頻度として発現している人がいるのかは不明ですが、乳房痛や乳頭痛など男性にはイメージがつかないような内容がある。

実際に私は他の薬でザガーロでも心配されているような腹痛などの不快感を経験した事があります。

ザガーロ副作用腹痛

ザガーロ副作用腹痛で困る時はどうすればいい?体験口コミ

副作用と不安

テストステロンからジヒドロテストステロン【dht】になるのを抑制する医薬品。

この時に必要な5αリダクターゼ還元酵素を阻害するために1日1回0.1mg又は0.5㎎を服用する事で副作用の反応も出てくるような症状。

グラクソ・スミスクライン(略:gsk)社という日本の市販でも海外でも国際的に多くの病気の対象に対して治療薬を提供している会社が開発した薬剤であるからこそ、試験結果などもデータもしっかりしている安心がある。

そのような会社が病院やクリニックでの医師の処方を対象に提供する治療薬として出ている。

ただ、やはり日本人も今は薬を飲むことをあまり好まないという男性も多いと思う。

だから、多少飲みなれない成分を含むと、簡単にアレルギー症状の対象が増えてしまっているのか?

こんな不安を含む思いが私にもよぎった内容がある。

でも実際に私は副作用という意味で経験したのは、開始してからの初期脱毛だけでした。

あまり過敏になる必要は無いと思います。

めまいや抑うつなどの気分がすぐれないことや前立腺などの内容をあまり考えすぎないことも大切だと思います。

どうしても薬を使う必要があるのか?

前より髪が減った気がする。

こんな言葉を実際に治療を受けた後の人が伝えている点も注意が必要。

どの程度薬の副作用による影響と判断されるのかも不明。

容量が一定であれば、人体に吸収されているはずが、その対象はおさまらない。

こんな情報を見ても、原因がわからない人にとっては、何かやっておきたいと思ってしまう。

通常は、徐々におさまる。

この言葉を信じる人は多い。

しかし、自分の身に起こったことが通常ではない時はその原因はどうなる?

不明となる可能性も高い。

結果として、脱毛症が進行して、さらに一時的に発疹なども出たら?

診断を受けて、処方を受けたのに、その関連性もわからないまま。

こんな状況になってから、ようやく薄毛の治療を本当にするべきかと考えてしまった人もいるのです。

もちろん、時間が解決してくれたという人もいるし、一定の変化を実感している人もいる。

この違いは何か?

結果、この部分が見えていないと、いくら検査などを行っていても効能だけでなく、中止する目安も不明なまま続けることになってしまう。

必ず何かあった時にはその副作用に対する対処を確認しておくことが大切。

重度なのか軽度なのか?

正直この答えがはっきりしないままずっと飲み続けるのは私は怖い。