スポンサーリンク



  • プロペシアからザガーロに変更した
  • ザガーロなら、前頭部に効くと説明を受けた
  • Ⅰ型とⅡ型どちらのAGAのタイプにも効くとカウンセリングで説明を受けた

こんな人が多い。

しかし、実際には?

ザガーロ関連記事一覧。

スポンサーリンク



ザガーロとプロペシアどっち?

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

ザガーロ初期脱毛はいつまで?

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後

ザガーロ半年で効果なしよりつらい現実

ザガーロ半年で抜け毛が急増!

ザガーロ効果はいつから?m字ハゲ体験ブログ

今回の記事では、ザガーロからプロペシアに戻すという流れを経験する人が多い背景について以下の目次でご案内しています。

プロペシアの特徴

ザガーロの特徴

ザガーロはM字ハゲに効く?

戻したい人の悩み












プロペシアの特徴

抜け毛悪化

 

プロペシアは、日本国内でも10年以上前に認可が下りた抜け毛治療薬。

メルク社が特許を取得している医薬品。

薬の働き

薬の働き

5α還元酵素【リダクターゼ】を阻害する薬。

期待される効果

期待される効果

  • 抜け毛改善
  • 薄毛の進行を抑える

AGA治療の軸として、多くのクリニックがジェネリック医薬品やオリジナル治療薬を含めて処方をしております。

対象者の特徴

対象者

AGAに悩む人の中でも頭頂部(つむじ周辺)が薄くなってきた方に効果を発揮するタイプとされています。

前頭部(生え際)やm字ハゲと呼ばれる効果は期待されていません。

 

ザガーロの特徴

ザガーロ副作用と効果

販売元:グラクソスミスクライン社

発売時期:2016年6月13日

薬の働き

デュタステリド錠ザガーロ悩み

5α還元酵素を阻害する薬

期待される効果

ザガーロプロペシア比較どっち

  • 頭頂部だけでなく、前頭部(生え際)の抜け毛に対しても効果が期待されている。
  • 薄毛の進行を抑える

2020年には、ジェネリック医薬品が登場しています。

対象者の特徴

プロペシアザガーロ比較|副作用リスク

  • プロペシアでは効果なし、効かないと感じた人
  • 前頭部生え際の薄毛、抜け毛が気になる人

 

ザガーロはM字ハゲに効く?

ザガーロプロペシア比較体験記

では、m字ハゲには本当にザガーロが効くのでしょうか?

Ⅰ型Ⅱ型と関係ない?

ザガーロ効果

「5α還元酵素のⅠ型とⅡ型が関係している。」

この表現を信じさせられている可能性があります。

なぜか?

そもそもⅠ型がAGAに関連するという記述は、学術や論文等に一切公開されていないのです。

I型の特徴

ザガーロ副作用治る

Ⅰ型5αリダクターゼとは何か?

  • 全身に分布されている
  • 皮脂腺に多く存在している

よって、

  • 皮脂の分泌が多い人
  • 脂っぽい人

上記のような方は、Ⅰ型の分泌が多いとされている。

Ⅱ型の特徴

ザガーロ副作用確率

Ⅱ型5α還元酵素の特徴は、

  • 頭頂部、前頭部の毛乳頭や前立腺に多く分布します

前頭部や頭頂部に多い。

このように紹介しているのです。

ココが疑問!

Ⅰ型が抜け毛の原因であるとはどこにも記載していない。

では何のために処方されている?

これがわからないのです。

 

戻したい人の悩み

ザガーロ効果ない時の苦悩

ザガーロは、血中滞在時間がプロペシアよりも長い。

ただこれだけが違いだという。

5αリダクターゼの情報の錯覚

ザガーロ半年経過後

m字はげを治したい

プロペシアでは効果が無かった

こんな悩みを抱えていたから、わざわざ費用が高い薬を処方してもらっている人もいる。

なのに、その薬の効果は、曖昧。

挙句、暗く祖スミスクライン社のあるイギリスでは、ザガーロは認可さえ降りていない。

こんな薬を日本国内のAGA専門クリニックでは「効果があります」と言っている。

これって明らかに虚偽の説明ってことではないでしょうか?

かなり驚きですし、今後の自分の薬の選び方も慎重になったほうが良いといえませんか?

効かないのも当たり前?

ザガーロ効果なしの半年間

むしろ、プロペシアに戻すほうがよほど効果の期待ができる薬になっている。

結果的に、副作用の悩みが多くなったのは、臨床データ等を見ても明らかに違う。

副作用 第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験において、本剤が投与された総症例 557 例(日本人 120 例を含む)中、95 例(17.1%) に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。

その主なものは、

勃起不全 24 例(4.3%)

リビドー減退 22 例(3.9%)

精液量減少 7 例(1.3%)

であった。

日本人 120 例中、臨床検査値異常を含む副作用が報 告された症例は 14 例(11.7%)であった。

その主なものは、

リビドー減退 7 例(5.8%)

勃起不全 6 例 (5.0%)

射精障害 2 例(1.7%)

であった。(承認時)

国内長期投与試験において、本剤が投与された総症例 120 例中 20 例(16.7%)に臨床検査値異常を含む 副作用が報告された。

その主なものは、

勃起不全 13 例(10.8%)

リビドー減退 10 例(8.3%)

射精 障害 5 例(4.2%)

であった(承認時)。

  • プロペシアより副作用が出る確率が高い。
  • 効果の期待できる根拠がない。
  • 処方される金額も高い

この3つを知ったら、正直選ぶ理由がないと思いませんか?




参考サイト

薄毛のメカニズムと最新治療/サロンでのメディカル・マッサージ-1

https://gskpro.com/content/dam/global/hcpportal/ja_JP/products-info/zagallo/zagallo-if.pdf