フィナステリドは血液検査でバレる?可能性がゼロではない理由

スポンサーリンク

AGA(男性型脱毛症)治療において、フィナステリドやその他の治療薬を使用することは一般的です。

多くの人が気になるのは「フィナステリド血液検査でバレるのでは?」という疑念です。

  • この疑問に対する答え
  • AGA治療における副作用のリスク

についてわかりやすく解説します。

私が医療現場にいた際に相談があった事例を含めてご紹介します。

AGA治療を受ける際の注意点やプライバシーの守り方について解説します。

プロペシア服用で献血はできない

プロペシア(フィナステリド)を服用している場合、献血はできないことが一般的です。

フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として使用されていますが、その影響で献血を行うことは制限されています。

フィナステリドが血液に影響を与え、受けた人に影響を及ぼす可能性があるためです。

プロペシアは血液検査でバレる可能性がある?

プロペシアを服用している場合、一般的な血液検査ではフィナステリドの存在がバレる可能性は低いです。

通常の健康診断や血液検査では、フィナステリドの特定は行われません。

ただし、検診の項目で肝機能の検査を受ける場合、AGA治療薬の副作用により、肝機能の異常数値が検出されることがあります。

こうした場合には、医療機関での再検査の連絡が届きます。

こういう場面には注意が必要です。

ミノキシジルやその他のAGA治療薬による影響

ミノキシジルなどのAGA治療薬も、血液検査で特定されることは一般的ではありません。

これらの治療薬は、通常の血液検査で検出されないためです。

しかし、献血を断ったり、健康診断の際の項目によっては、数値の異常に対し、説明を求められることがあるかもしれません。

AGA治療薬による副作用

AGA治療薬には一部の利用者に副作用が現れることがあります。

例えば、フィナステリドは性欲減退や勃起障害のような性的な副作用が報告されています。

ミノキシジルも皮膚刺激やかゆみなどの副作用が現れることがあります。

これらの副作用が気になる場合、医師との相談が重要です。

aga治療の副作用リストと口コミを確認しよう

ザガーロやめてよかった人の口コミ【肝機能障害の数値がやばい】

ミノタブやめてよかった人の口コミと共通点【やめるとどうなる?】

AGA治療を受けてもバレない人の特徴

AGA治療を受けてもバレない人の特徴は、血液検査などでも異常が見られないケースです。

一般的には、治療薬の使用はプライバシーに関する個人の判断に依存します。

治療薬を服用していることを他人にバレないようにするという行動は不自然です。

あくまで、副作用が出るかどうかだと思っておきましょう。

AGA治療の影響だと疑われた時にはどうする?

AGA治療の影響だと疑われた場合、言い訳をするのはより自分を追い込む可能性があります。

実際に医療現場で辞めたい理由の一つになった事例をご紹介します。

髪がフサフサになったらもっとやばい

治療の効果を実感するのはうれしいことです。

しかし、時を同じくして、副作用による血液検査の異常が発覚。

AGA治療は、10年以上行われており、テレビなどでも認知されている治療です。

つまり、男性、女性を問わず、想像しやすいカテゴリに入っています。

こういう状況に追い込まれた時の対処法は、本人次第です。

こんなリスクも背負っていることを忘れずに、対処法を考えておきましょう。

コメント