スポンサーリンク

男性型脱毛症(aga)治療薬の1つであるザガーロ。

効果は、プロペシアよりも抜け毛を防ぐ効果が高いことが期待される。

さらに、aga治療をしたい男性は、ハゲないだけでなく、育毛発毛の効果を期待している。

ザガーロには、薄毛の人には嬉しいミノキシジルの代用としての育毛の効果も期待されている。

こんな説明を行うクリニックが当初最初の頃は多かった。

しかし、処方を受けた人の中には副作用などを心配している人もいるのが現実。

女性には不要ができないフィナステリド錠やデュタステリド錠。

実際に服用方法は1日1回でプロペシアと同じことから食前、食後、食間、就寝前などを気にすることはなく簡単に飲める。

でも実際に発毛育毛効果や抜け毛改善のために使用して副作用が発生するのは切ないですよね。

ザガーロ副作用については、これまでにも以下のような内容を書いてきました。

ザガーロ副作用治る

スポンサーリンク

ザガーロ副作用は治るのか?体験者口コミ

ザガーロ副作用治らない

ザガーロ副作用治らない時期の目安とその後はどうすればいい?

ザガーロ副作用いつから

ザガーロ副作用はいつから?体験レポ

ザガーロ副作用腹痛

ザガーロ副作用で腹痛に困る時はどうすればいい?体験口コミ

ザガーロ副作用はいつまで?

ザガーロ効果m字ハゲ口コミレビュー

副作用の心配の中でも今回は、肝臓の機能などとは全く違う太るという内容について、以下の項目でご紹介しています。

ザガーロ副作用で太る?体験記

ザガーロ副作用で太るは多いの?

実際に私はあくまでクリニックできちんと処方を受けて使用しています。

通販で購入するような本物偽物が気になるような商品の購入方法を検討している人は同じ情報だと思わない方が良いと思います。

あくまで私個人の体験としてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

ザガーロ副作用で太る?体験記

 

ザガーロの服用をこれから考えている人には、脱毛に対して、男性ホルモンの減退があれば、単純に止まる。

そして、専門のクリニックのサイトで見て確認した中では、あくまで働きかける中で起こることはそこまで深刻な内容ではない。

こう見えて来ると思います。

しかし、現実として、頭頂部、生え際などの各パーツに効くのか?とか肝機能障害になるのか?

こんな起こるかもしれないと思うことばかりを見ていると、結果的に初期の段階では解説されているすべてが起こる可能性として信じてしまう事もあるかもしれない。

そもそも医師の処方に基づく管理の中で治療として提供される薬です。

効く効かないだけでなく、副作用の注意に対しても先入観ばかりを持つことを注意してほしいと思います。

ザガーロ副作用で太るは皆無!

私自身が今はもう解放されているザガーロ服用。

当時経験していた時でも別に数ヶ月服用していて、以下のような副作用を一度も感じることはなかった。

  • 性欲や性機能に関する勃起不全などの機能障害の悩み。
  • 肝機能障害等の問題。
  • 乳房や乳腺の女性化などの問題。

このようなことをよくわからない素人のページが増えてきて、明らかにねつ造したような画像を元に紹介しているようなサイトもある。

こういう内容は本当にやめてほしいと思うし体毛の変化として増毛が起こってしまった場合でもやめれば元に戻る。

このような現実をまずは知ってほしい。

関連の情報を調べる事に注意

そもそも知らないことだから調べたくなる気持ちはわかります。

しかし、自分で飲む前に予防の知識として本当に大切なのは、きちんと真実を知ること。

髪の毛の抜け毛を抑えることが本来ザガーロを飲む最初の理由。

この点以外における患者として、副作用を考えた時、本当に症状がおこるかどうかもわからないことを徹底して調べても意味がない。

飲む前から変に不安を持つことがストレス的な要因になっていく事も事実だと思います。

実感した事がすべて。

これがやはり少しでも多くの人が専門の病院やクリニックで治療を受けて薬を飲む上で重要なことではないでしょうか?

 

ザガーロ副作用で太るは多いの?

 

そもそもi型とかⅡ型とかいろいろな記事が書いてあるけど、実際抜け毛対策として飲んでいる人の中で、総合的に見て多いのか少ないのか?

作用の結果をクリニックが成分や効能などの説明をしてくれている中でおすすめと言えるならそれを人事た方が良いと私は思えた。

結果的に、2018年現在では、プロペシアとミノキシジルタブレットだけで価格も安いクリニックで脱毛を予防している私。

男性ホルモンがどうとか、リスクがという心配よりもきちんと抜け毛の減少があればよい。

さらに、薬の影響により何か他の経過に対しての働きかけが起こるようなことを感じていない。

シャンプーも何も工夫していない。

専門のクリニックで必要な薬だけを処方されている。

たったこれだけでm字ハゲも頭頂部も今も無事な状態になっている。

これって薬が効くってことですよね!

人気の薬ほど、いろいろな情報が飛び交うと思う。

でも結果的に、色々な情報を見た上で思ったのは、その情報って可能性として高いのか?

発生率という視点で見ていくと、正直知らなくていい情報の方が多い気がする。

私は本当に太るという症状に対して、悩みを抱えたことはない。

そもそも本当に知るべき情報?

テストステロンとかジヒドロテストステロン(dht)とかそんな理屈的な名前ばかり言われているサイトが多いけど本当にそんなこと知らなければいけないのか?

私は頭皮の状況を最初のころは一度も見てもらったことすらなかった。

でも結果的に個人輸入などのよくわからないような場所に費用を一度も払わないままきちんと徹底してクリニックに通い続けた。

この中で感じたことは、飲んでいて唯一感じたのは、初期脱毛がプロペシアよりも多かったことだけ。

これ以外は、医者に自分が飲んでいてストレスに感じるような異常は特に感じたことがない。

最近は、有効成分やアボルブやリアップなどの薬の種類などを参考にするという人も増えている。

検査でも毛髪検査や血液を使った検査もあることを知る人もいる。

でも結局個人がいろいろなことを知っても、直接きちんと医師の診察などを受けていなければ何の価値もないと私は思ってしまう。

知ったところでその対象が明らかに何か日常の生活に影響がある内容が含まれていなければ、正直使える情報なんてないと思う。

確率としてかなり低いような情報を必死に体験談から探していても意味があるのか?

臨床試験で出された確率がかなり低い内容を知った自分はその問題を利用する前にいしきしなければいけないのか?

もっと他の事にきちんと目を向ける方が大切だと私は思う。

ザガーロ副作用より続ける上での問題?

東京、愛知、大阪、福岡など全国の専門のクリニックで処方が続いている医薬品でもあるザガーロ。

0.5mgの処方を自分でも受けていた。

結果的に薄毛の進行を止めるという効果が出るかどうかということだけを考えても、正直プロペシアで十分。

さらに、飲みやすくなっていることを考えたら、ザガーロは明らかにサイズが大きくなってしまって飲みにくくなったと私は感じる。

副作用が出るか出ないかよりももっと私が感じたのは、使い方として飲みやすいかどうか。

毛髪が少ないとか多いとかこれからの対策のためとか最初に求めている状況も違うと思う。

肌が敏感とか育毛剤がかゆくなるとかそんな内容を心配している人もいると思う。

しかし、主な内容は、あくまで飲み続けてくれなければ効果は持続しない。

この点を考えたら、脱毛症の副作用は目に見えた現実からしかわからない。

髪が増えたかどうかチェックする等の有効性に関する内容ももちろんクリニックで診てもらう内容。

そのために診察を受けるのだから。

こうして考えていくと、別に大きな変化が起こりやすいと患者から聞いているなら、続けていく中でその説明を受けると思います。

そして、もちろん継続していく中で有効性よりも副作用が中心に感じられたらもちろん服用をやめてもらうよう呼び掛けると思います。

でもそうした薬の選び方はきちんと医師が経過を観察して刺激による変化や今後引き起こす可能性を考慮して考えてくれている。

別にそれぞれの院にかかる前に必死に選び方を悩むほどの価値は時間がかかる分のメリットがないと思いますよ。

もっと自分が悩むべきはいつから始めて、その後ずっと続けられるのか?

この点について悩む方が将来自分にかかる治療費として考える現実的な視点だと思います。

スポンサーリンク